URL

「私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかい」のグラフ

私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかいhttp://kuramuchowder020.hatenablog.com/entry/2016/01/13/225107
月のグラフ

コメント

(2017/09/20 18:50:27 更新)
  • キレイ事ではそうかもしれないけど、「私」は、本当にそれで良いと思っているのかが謎。家族を捨てた私には、「私」が自分自身の人生を生きたいと思わないのかが謎でしかたがない。:koenjilala2016-01-16 14:36:28
  • []:h0714k2016-01-15 08:15:19
  • それを愛と呼ぶには歪すぎる気がする、幸せであってほしい:agggggggu2016-01-15 06:30:44
  • 子供なのに大人の振る舞いを覚えなければならない苦悩、逃れられない境遇からのサバイバル。:Melonpankuma2016-01-15 02:57:58
  • 敬意を。:mas4bookmark2016-01-15 01:06:49
  • 私のことをまっすぐに必要とし、私のことを愛してくれて、逆に私がその人を愛してくれているとその人は疑いもなく信じている。そんな状態を私も信じている。母と稚児のように。その関係をずっと続けられる幸せ。:masabossa2016-01-14 22:52:46
  • この世界は時々信じられないほど美しい何かを生み出す。でもその美しさは氷でできた彫刻のようだ。明るいところで照らせば、跡形もなく溶けてなくなってしまう。:yuriyuri142016-01-14 21:33:24
  • 純真な…名前のない…「私」だけの………:bling-bling-bling2016-01-14 20:51:53
  • このエントリに出会えて良かった。:suminotiger2016-01-14 19:50:40
  • すごい文章。吸い込まれるように読んでしまいました。私は障害児の母です。書いてくださってありがとうございました。:fumikichi25252016-01-14 19:36:35
  • 穏やかな時間が少しでも多くご家族のもとにありますよう祈ります:fuldagap2016-01-14 19:26:17
  • 素晴らしい文章です。多くの人に読んでいただきたい。書いてくださって本当にありがとうございます。:nanaio2016-01-14 19:20:18
  • きょうだいって、理屈じゃないって面もあるんですね:pikopikopan2016-01-14 19:10:45
  • 「その人」という語彙が複雑な思いを感じさせる:kuroaka18712016-01-14 18:49:10
  • 泣いた。 出生前診断とかする人に読んでほしいと思いました。:hiroshe2016-01-14 18:04:38
  • 今まで名前のなかった痛みが、ここで文章になったことで、この人に少しでも良い効果がありますよう。:windish2016-01-14 15:22:45
  • 無力だが、せめてスター1つが励みになれば。:hirolog6342016-01-14 12:59:09
  • 当事者にしか書けないストーリー。辛さとか苦しさとかを超越して愛情で結ばれていることを実感出来ているならそれが何よりだと思った。:hisatsugu792016-01-14 12:11:32
  • なんて言っていいかわからないけど伝わってきました:Daisuke-Tsuchiya2016-01-14 11:48:30
  • 映画「くちびるに歌を」思い出した。第1子が障害を持ってなかったら第2子は産まれてないかもしれない。:monbran49892016-01-14 11:48:22
  • 書いてくれてありがとうございます。ありがとう。:richest212016-01-14 11:03:41
  • 私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかい お仕事のために…φ(..)メモメモ:azumaon2016-01-14 10:52:57
  • きょうだい児:sakidatsumono2016-01-14 10:42:06
  • 普段一緒に住んでないから会うときはどうしてもお客様扱いになってしまうという難しさはあるだろうね。:masudamaster2016-01-14 10:39:24
  • 同じ境遇の人に届きますように。:nagaimichiko2016-01-14 10:37:55
  • 千差万別の状況を一括りにしてる言葉だからなあ。| 書かれているように、気持ちをわかち合える人があまりいない経験だと思うが、結構いるだろう「わかち合えなさから味わう孤独」を知る人々には届いてると思う:rain-tree2016-01-14 10:26:04
  • 人生の枝葉にまで染み渡るものが家族だと思います。あまり自罰的にならぬよう。:touhu10182016-01-14 10:12:07
  • 障害者のきょうだい児が背負う苦悩や介護問題はもっと知られてもいいと思う:nunnnunn2016-01-14 10:00:17
  • 内容に関して当事者でない者が口を出す余地も権利もない。それは分かる。対峙する読み手の問題。飲み込まれちゃいけない、ヘイトの火種になりかねない文章に。” 障害者のいる家庭は、機能不全 ”思ったことねえよ:hak24072016-01-14 09:18:05
  • 家に帰ると第二子になる・・・・複雑な気持ちを抱えて生きてきたのでしょうね。:hitamu2016-01-14 09:13:30
  • わたしは、いまは重度ではありませんが障害者で、弟がきょうだい児です。いろいろな人のことを想って読みました。書いてくれて、ありがとう。:kurunchu2016-01-14 09:09:09
  • いわゆる「きょうだい児」の方から見た障害者(児)を抱えた家庭の話。:plutan2016-01-14 08:27:08
  • うわ重…すごい そう考え前に進める、なんて出来た人なんだ。正直な気持ち、自分には無理だ:pero_01042016-01-14 08:04:34
  • 自身の家族への愛を見直したい:s_dango2016-01-14 07:53:10
  • 名前がない、のがいい。誰のものでもでもない、自分だけのものとしてそのままにしておける。でも、シェアしてくれてありがとう。:movesinthefield2016-01-14 07:50:26
  • きょうだい児の方の独白。ここまで綴るのはきっと楽ではなかったでしょう。書いてくれて、ありがとう。:negi_a2016-01-14 07:00:45
  • 書いてくだすってありがとうごさいます。:uunfo2016-01-14 06:53:37
  • はじめから愛している。ずっと愛している。その愛に、外から名前をつけることはできない。:novak7772016-01-14 06:30:11
  • 「紡ぎだす」とは、こういう文章のことを言うのだろう。誰も名前をつけてくれなかったその感覚と変化を、こうやって表すことができる。それは簡単なことではないし、楽なことではないが、私は読めて本当に良かった。:adgt2016-01-14 06:05:21
  • 私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかい: 2016 - 01 - 13 私の名前のない痛みと愛情を。 一度限りの。 普段はくらむと言いますが、便宜上私と言います。…:makimain02016-01-14 05:11:13
  • 書いてくれて本当にありがとうございます。障害者やその家族への見方が少し変わるかも。:TERRAZI2016-01-14 05:07:05
  • 重度障害者の家族の独白。自分もボランティアで経験があるけど、青年期だと「名前も悪意もない、暴力」に家族や支援者が襲われるときもある。それでも、愛する。「役に立つ」なんて物差しじゃない、純粋な愛で。:sky-y2016-01-14 01:45:57
  • 私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかい:fufumidon2016-01-14 01:22:35
  • 私の名前のない痛みと愛情を。 - くらむせかい: 2016 - 01 - 13 私の名前のない痛みと愛情を。 一度限りの。 普段はくらむと言いますが、便宜上私と言います。…:scurasan2016-01-14 01:16:36
  • 重い。読み応えがある。読んでよかった。:vio1et-ce1ery2016-01-14 00:50:11
  • 家族にしか分からない深い愛情ですね。:shiromatakumi2016-01-14 00:39:15
  • うまく言葉にできないけど、この文章を読むことができて良かったと思う。きょうだいの方の筆者さんへの愛情と葛藤が伝わってきて、それが伝わるってことは筆者さんがその愛情と葛藤を受け止めてるってことで。:irodori_kotori2016-01-14 00:24:26
  • 映画「レインマン」を思い出しました。少し内容は違いますが。良く吐き出しましたね、とても勇気の要る事。:hideame2016-01-14 00:13:19
  • 重い。少し違うが親が障害者になった子はその介護に追われ未婚率が高い、とどこかのドキュメンタリーで見た。老人もそうだが介護には多大な精神的コストが伴う。身内なら尚更。お金で解決が理想だが現実には難しい:mak_in2016-01-13 23:48:13
  • きょうだい仲間だったのか。知らなかった。こんな風に振り返る事ができるのはいつになるだろう。:emo03252016-01-13 23:47:17
  • 計ることのできない愛。:msoasis2016-01-13 23:29:33
  • 僕にも半年年上の従兄弟がいます,,,:santambo2016-01-13 23:27:24
  • 誰が悪いわけでもないけれど、第二子の振る舞いを求められるのはつらいことだったと思います。それでもすべてを振り返って愛情を断言される力強い文章に胸打たれました。読めてよかったです。:r1ckey2016-01-13 23:24:38
  • 切なくもあり、愛にあふれているともいえる、家族愛とはなんであるかを考えさせてくれる素敵な記事:ka_rinchaco012016-01-13 23:23:59
  • 心打たれる。それ以上何も言えない…:oulaw2016-01-13 22:56:48

関連エントリ