URL

「「薩摩島津氏の琉球侵攻」(1609年)まとめ | Kousyoublog」のグラフ

「薩摩島津氏の琉球侵攻」(1609年)まとめ | Kousyoubloghttp://kousyou.cc/archives/15591
月のグラフ

コメント

(2018/09/23 12:23:05 更新)
  • 弱小国の外交、いまも昔もかわらない感:cinefuk2016-07-21 10:47:30
  • コメントのないブックマークは不自然なのかw / 中央集権がしっかりしてればなあ・・・って感じの展開でなかなか。:t7144311692016-01-30 09:41:10
  • 「薩摩島津氏の琉球侵攻」(1609年)まとめ | Kousyoublog: >1609年三月、島津軍が琉球王国に侵攻/抵抗むなしく、四月四日、首里城が陥落、尚寧王は降伏し独立国家琉球王国は/..:toshi196501042015-11-23 00:38:24
  • >1609年三月、島津軍が琉球王国に侵攻/抵抗むなしく、四月四日、首里城が陥落、尚寧王は降伏し独立国家琉球王国は/中国からの冊封体制下にありつつ、徳川幕藩体制の中に組み込まれる両属体制時代に入ることとなった:umeten2015-11-22 23:30:50
  • こういうのって片側からの視点だとどうしても偏ってしまうから、各方面の背景が記されておりのが素晴らしい。やっぱり現代を知るには歴史を知ることやね。:goldwell2015-11-22 01:03:34
  • 歴史はドラマティック。しかしブコメの侵攻されたのが沖縄だけじゃない、という言い分が通るなら、中国も含めて統一でいざこざが一度でもあった国は、他国を侵攻し放題で許される、って理屈になるよなぁ。:zyzy2015-11-19 21:25:19
  • 滅茶苦茶面白かった。政治と紛争のダイナミズムの面白さは古今東西を問わないな:fmnaka2015-11-13 11:12:36
  • 沖縄は中国の領土だと主張する言い分も分からないではない。けど、明=中華人民共和国じゃない。:sakatams2015-11-13 10:32:15
  • 「薩摩島津氏の琉球侵攻」(1609年)まとめ:saimuseiri1232015-11-12 23:01:55
  • じっくり読みたいから こめんといれときまーす:gomaberry2015-11-12 18:51:45
  • 謝名親方の密書が明に届いて、琉球で日本と明が再び戦っていたら、歴史はどうなったのかな。:Baatarism2015-11-12 18:36:23
  • 鹿児島出身だけど、知らない内容がかなり多かった。:spacefrontier2015-11-12 13:35:03
  • これは読まねば:timetrain2015-11-12 13:33:16
  • 詳しい:rokusan362015-11-12 12:35:13
  • Long story short about Japan invading Okinawa 400 yrs ago:kuenishi2015-11-12 09:45:46
  • 沖縄もアイヌも朝鮮も「併合」されたのではありません!:oono_n2015-11-12 09:18:32
  • 関ヶ原後の島津は長宗我部に比べれば優遇された印象が有ったが、相応の逆境だったか。それが島津による被支配者への圧政に繋がる。ひいては明治維新と、帝政日本と其の「オイコラ」へと? #沖縄:popoi2015-11-12 05:27:03
  • 長い、明日ちゃんと読む:hal90092015-11-12 03:45:28
  • 適切な言い方ではないかもしれないが、歴史はこういうのが興味深い。:lackofxx2015-11-11 23:58:33
  • "これは歴史を変える密書となる可能性があった。もし、明がこの密書を受け取っていれば、朝鮮に続いてまた冊封国、琉球への日本の侵攻である。":tamakky2015-11-11 23:51:46
  • はてぶはいろんな人が見られて面白いですね。:granyuaile2015-11-11 22:05:06
  • 対馬なんかも国と国の狭間で苦労していたみたいだけど、割とうまく立ち回った(腹黒い?)みたいな?もちろん、状況はいろいろ違うけど。:neco22b2015-11-11 20:54:35
  • 戦争はどこまで行っても外交の破綻ってほんとだな:modoroso2015-11-11 20:52:20
  • 読み応えある。100文字でコメントとか申し訳ない。:nemuiumen2015-11-11 20:34:44
  • ボリュームがあったけど興味深く読んだ。秀吉の朝鮮侵攻が影響してたんだねえ。知らないことばかりだった。:clapon2015-11-11 20:30:17
  • 面白そうなので後でじっくり読む。:phallusia2015-11-11 18:55:46
  • いやあ国際法の無い時代は地獄だぜ:hahiho2015-11-11 18:11:26
  • 大きな歴史上の意思決定の裏には、大勢の人々の様々な思惑が絡み合っているとはいえ、ここまで様々な思惑が渦巻いていたとはね。:amakanata2015-11-11 17:26:54
  • 最新鋭の武装で個々の武勇は優れているが、統制が取れず互いにいがみ合っている軍が分散して侵攻してくる、というと創作の世界だと天才軍師が颯爽と現れてちょちょいのちょい、という展開の超強力フラグなのだが:came82442015-11-11 16:46:45
  • 書きたいコメントが5つも6つもあるので後日自分の記事に。/んで情報、ヤンマガで連載始まった「センゴク」最新シリーズは「島津篇」に!:gryphon2015-11-11 16:17:52
  • 参考になる/奄美さん双方からボコられる所ルーマニア感ある(ない):rgfx2015-11-11 15:20:39
  • 薩摩の野蛮人:maicou2015-11-11 15:19:39
  • 密書に関するifについては,近代の琉球処分と日清戦争の差から見ても,1610年代の明朝の体力からしても,そうならなかったようには思う。ただまあ,万暦帝がもっと賢明な皇帝だったら歴史は激変してただろうなと。:DG-Law2015-11-11 14:26:12
  • 過去にこういう歴史があるのに、沖縄県内に「沖縄独立論」が出てくるw。:big_song_bird2015-11-11 14:16:04
  • 歴史周りでは阿麻和利あたりしかあまり語られていないので興味深いのう。:lucifer_af2015-11-11 14:07:51
  • 日本は天下統一をめぐる混乱期、明は王朝末期の衰退期という歴史の転換点のエアポケットで起きた侵攻であると。信長や秀吉は中国本土侵略の意図は持っていたが、本当に出兵していたらどうなっていたことか。:buhikun2015-11-11 14:06:17
  • "日明戦争となれば、国内の徳川批判は避けられないどころか、豊臣氏の求心力を増すことになりかねない" / そういえば、関ヶ原と大坂の陣の間なのか。:sampaguita2015-11-11 14:02:52
  • やはり戦争自体の描写より、その前の流れとifの方が興味深いのは戦力差がありすぎるからだろうか。まあこのifは可能性がありすぎてそう単純に展開するとは思えないけど。:augsUK2015-11-11 13:37:07
  • 面白かったなあ。素晴らしい記事。:delphinus352015-11-11 13:35:04
  • “この首切り行為に驚いた琉球兵が城内に撤退”…戦いは野蛮な方が勝つんだな、と。/“謝名親方の密書”の「もしも歴史」は非常におもしろい!:nashika-ryo2015-11-11 13:33:11
  • 純粋に面白い。読みふけってしまった。:lacucaracha2015-11-11 13:32:03
  • この辺、侵攻400年にあたる2009年にいろんな本が出ましたよね。ぼくは、奄美からの視点のものしか読んでないけど、そういうのもオススメです。:kamezo2015-11-11 13:27:29
  • 薩摩と琉球の双方から何度も侵攻された奄美が一番かわいそうに思える。:okusa752015-11-11 13:26:06
  • 力作!:watto2015-11-11 13:05:16
  • なんか薩摩=アベ政権、徳川幕府=アメリカ合衆国と読み替えて現代に当てはめても違和感ない。琉球の立場を考えると歴史は繰り返すのかという感慨にとらわれる。:corydalis2015-11-11 12:43:31
  • 面白い。:ch12482015-11-11 12:31:31
  • 島津家改易→薩英戦争なし→日英同盟なしとか考えると非常に面白い。その場合もちろん明治維新もないわけで。:allezvous2015-11-11 12:30:31
  • ブコメ"沖縄ではヤマトといわるけど、そんな時は、貴方達と同様に私の祖先も沢山の血を流し日本という国になった。侵攻されたのは沖縄だけでない" →「沖縄は現役で"侵略"されている」と返答される感(konami:haruhiwai182015-11-11 12:25:32
  • 面白い。:POPOT2015-11-11 12:22:33
  • 国内経済の不調&外交交渉がこじれた末の戦争だな:sds-page2015-11-11 12:22:22
  • 統制が取れないため軍功を競いあって、却って凶暴化するとか島津はほんとチートやでぇ……:c_shiika2015-11-11 12:11:16
  • コストコ久山(九州北部・福岡)の横の黒男神社に行くと、薩摩藩がいまの福岡まで攻めていたことに驚かされます。 http://bit.ly/1WQRqON ifがあれば、福岡も薩摩弁だったわけです。:ranobe2015-11-11 12:03:39
  • “七〇歳の老将篠川勘津も島津兵三人を討ち取りつつ戦死”シマヅバンザイ:kitamati2015-11-11 12:02:25
  • 面白かった。久しぶりに戦国時代勉強し直してみようかな/エロサイトの無言ブクマには異論ないくせに:naruoe2015-11-11 11:53:21
  • 今回も読み応えがあった/まあ琉球尚王朝自体も三山統一や奄美・先島侵攻等を経て来ている訳で歴史上立場が逆になる事はままあるよねという話/大河琉球の風も当時余り面白くなかったがもう一度見てみたくなった:Hige23232015-11-11 11:34:50
  • すごい詳しい説明だね。:lovelogic22015-11-11 11:33:05
  • これは面白かった。:sateso3502015-11-11 11:29:32
  • 結局、強硬派が主導権を握ってゆくんだなと:su_rusumi2015-11-11 11:27:45
  • 押さえておきたい:hanyA2015-11-11 11:24:38
  • 亀井の殿様…:luxsuperpoor2015-11-11 11:17:56
  • いつも自分のブコメは記事中の気になった箇所をコピペるけど、Kousyoublogさんは全部気になるので、…そうすると百字じゃ足りないんです…。:toratorarabiluna273momomtan2015-11-11 11:12:38
  • id:rosaline 同サイトのコメント率: http://b.hatena.ne.jp/entry/kousyou.cc/archives/14343 (オカルト)16/112=14%, http://b.hatena.ne.jp/entry/kousyou.cc/archives/3700 (幕府財政) 46/387=11%, http://b.hatena.ne.jp/entry/kousyou.cc/archives/14549 (中世西欧) 22/180=12%。:miyakawa_taku2015-11-11 11:02:41
  • "当時の日本はまさにリアルツンデレ" 猿と狸にツンデレされてもそりゃ明は困るわな。しかもツンがリアル侵攻レベルで一度実際にやらかしてるとか、デレ期が来るわけがなかった。:seats2015-11-11 10:55:24
  • 戦わなければ支配されるしかない。:shufuo2015-11-11 10:43:59
  • 花の慶次で琉球へ行く話にもう少し背景描写があればもっと面白かったのに:ustar2015-11-11 10:40:24
  • 面白い:rokujyouhitoma2015-11-11 10:23:53
  • なんかコメントしないとステマと言われるらしいのでコメント書いとく。:watapoco2015-11-11 10:13:39
  • まあ論争系や炎上系ではなく、書評などの系統で100ブクマ以上が10も20もあるブログだからねぇ。数だけでステマと決めつけるのは乱暴つーか、よく見てから言えと:babelap2015-11-11 10:09:17
  • ( 琉球/ 17世紀/ 秀吉の朝鮮侵略 明朝官吏 『使琉球録』 )/(オランダの台湾侵攻も同時期なので、当時の「恫喝」をツンデレという「固有の反倫理的属性」として解釈していいかどうか。 @脊髄反応脳):gimonfu_usr2015-11-11 10:05:09
  • Kousyoublogがステマ扱いされてて笑った。はてブでは5年ぐらい前からずっと人気だったのに。http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=count&url=http%3A%2F%2Fkousyoublog.jp%2F:xga2015-11-11 09:57:02
  • 妖怪首おいてけの群れが琉球を襲う(イメージ図(ネェヨソンナン:You-me2015-11-11 09:54:05
  • 面白い:Nobeee2015-11-11 09:49:05
  • いがみ合ってる軍団は創作だと互いに揉めた挙句自滅するけど現実は非常である、か。悲しいなぁ。やはり戦争は数であった:dzod2015-11-11 09:37:14
  • 沖縄切り離しのための共産党新戦術か。手が込んでるな。:abracadabra3212015-11-11 09:17:20
  • 島津サイドの事情はあまり知らなかったなあ。ここから島津に搾取される悲しい時代が始まる。:sakidatsumono2015-11-11 09:04:18
  • 面白い記事だけどさぁ、142のブクマでコメがたった19って明らかにステマだよね。どういう勢力がやってらっしゃるワケ?:rosaline2015-11-11 09:01:29
  • これは良いまとめ。鬼島津:kitayama2015-11-11 08:54:31
  • 大河ドラマ「琉球の風」を思い出す。島津側の事情が細かく説明されていて嬉しいな。:sthya2015-11-11 08:41:28
  • 多々の文献を読んで天下統一の流れに飲み込まれたと解釈している。沖縄ではヤマトといわるけど、そんな時は、貴方達と同様に私の祖先も沢山の血を流し日本という国になった。侵攻されたのは沖縄だけでない。と伝える:motobitsrk2015-11-11 08:31:00
  • なるほど:kimzo2015-11-11 08:18:44
  • 明治に上杉の殿様が琉球に知事として赴任して状況改善に奮闘したらしい。/くこか 琉日戦争一六〇九~島津氏の琉球侵攻 上里隆史 | 読書は呼吸 http://sanasen.jugem.jp/?eid=2069:death6coin2015-11-11 08:07:04
  • うーむ:daybeforeyesterday2015-11-11 07:48:37
  • あとで:sika22015-11-11 07:33:51
  • 面白かった。僕は前近代の歴史を余り追っていないので勉強になった。この後の『その歪みが琉球を破壊的に追い詰めていくことになる時代』が琉球処分に繋がっていくので『この時代についてもまた別の機会に』に期待。:the_sun_also_rises2015-11-11 07:33:39
  • 明への密書がわたったら日本は中国の一部になってたんだろうか:katsuren2015-11-11 07:30:49
  • id:rosaline さん id:kousyou さんのブログは内容が濃いものが多いので、取り敢えずブクマして後で読む人は多いと思いますよ:kiku-chan2015-11-11 07:19:26
  • この辺りは知らないことばかり。「琉日戦争一六〇九」読んでみよう。:yu-kubo2015-11-11 07:13:46
  • 大作!面白かった!:tinpui8932015-11-11 04:33:30
  • 「1441年、足利義教から島津忠国が琉球を賜ったとする説だが、琉球王国にはなんら関係ない話であり」/「しかし、この「短慮の企て」が現実的な計画となっていくのに、それほど時間はかからなかった」:irbs2015-11-11 04:12:57
  • 秀吉出兵のしわ寄せがこんな形で。:antonian2015-11-11 03:14:05
  • " 講和会議のさなかでも統制の取れない島津軍の濫行が続き、首里市街は各地で放火、略奪が相次ぎ、少なからぬ犠牲者とともに貴重な文書や宝物、建築物が多数失われることになった":zu22015-11-11 01:28:47
  • 面白かった。:jtw2015-11-11 00:30:42
  • 誤字脱字、繋がりがおかしいところを訂正、あと戦後体制について誤解生むかもと思い"琉球の自由貿易を促進しつつ利益を島津の財政と直結させる富の収奪体制が整えられていった。"と追記:kousyou2015-11-10 23:37:46

関連エントリ