URL

「「本が売れぬのは図書館のせい」というニュースを見たのでデータを確かめてみました - CNET Japan」のグラフ

「本が売れぬのは図書館のせい」というニュースを見たのでデータを確かめてみました - CNET Japanhttp://japan.cnet.com/sp/t_hayashi/35072745/
月のグラフ

コメント

(2018/08/22 13:08:25 更新)
  • [pu:masatanz2017-01-04 18:11:41
  • “日本の図書館は、手っ取り早く「実績」をあげたい政治家や官僚、起業家の、「おもちゃ」にされている感すらあります。”:Guro2016-12-01 13:00:06
  • 著者の「本を読む世代が減ったのが書籍販売減少の原因」という論は図書館貸出冊数の増加を説明できないからアウト。:laranjeiras2015-11-05 13:27:52
  • 出版業界がそれほど懸念するならば、新刊本の図書館購入/貸し出しを出版から1年保留して売上高回復に効果あるか否か1〜2年実験してみればよい。そこまで言うならば、だが...:georgew2015-11-02 14:06:41
  • 無料で読める流通チャネルでさらにストック型の図書館の増加はネガティブな影響を与えてるよね。:tkosuga2015-11-02 13:03:02
  • 本質は著者に選択権が無い点だろ。嘘をつける統計分析なんか関係ない。今著作権ではほぼ書籍に限定し貸与権が及ばない制限規定があるが、図書館での扱いを著者が選べず強制的に貸与権制限しているのはもう変えるべき:TakamoriTarou2015-11-02 12:41:33
  • 「子どもたちに本の読み方を教える図書館の役割は、非常に重大」。データ関係ないけどこれはある。大人は新刊のうちに読みたければ買えばいいし、そこまで読みたくはないけどというなら待てばいいだけ。:jerryb2015-11-02 09:27:10
  • 音楽業界とまったく同じ過ちだよなぁ。:mxpro2015-11-01 21:34:02
  • 朝日新聞社の記者がCNETで解説記事を書いてるのしらなかった:mohri2015-11-01 18:18:40
  • 雑すぎる。図書館擁護派はこのレベル。:Outfielder2015-11-01 09:31:40
  • "「図書館悪玉論」をぶつ前に、考えるべきことは無数にあると筆者には思えてなりません。":m_yanagisawa2015-11-01 05:15:12
  • 「本が売れぬのは図書館のせい」というニュースを見たのでデータを確かめてみました - CNET Japan:nilab2015-10-31 23:38:43
  • 統計データの分析としてはイマイチな感じがするけど、本来、図書館と出版社は味方になって読書人口を盛り立てていくべきだよね。いまはWebでいくらでも読み物があるので、売れないのはそれが主な原因だと思う。:clapon2015-10-31 23:06:00
  • 違法ダウンロード撲滅作戦で結果がでなかったから次は公共施設狙ったってことでしょ。:jaguarsan2015-10-31 20:45:29
  • データを何も調べずに、とにかくいきなり敵を作るってのはいかがなものか。音楽業界といい、すぐに敵を作り出して糾弾するってのは良くない姿勢。:minap2015-10-31 19:57:56
  • データ分析がきちんとできてない残念な記事:ipmino2015-10-31 19:46:14
  • この人も頑張って調べたのでしょうが、やはりもう少し統計学と業界両方詳しい人に分析して頂きたいところです。:neonlight_il2015-10-31 16:47:41
  • その一方、笹本祐一先生は「創元文庫から再刊するに辺り、旧ソノラマ文庫版を無料公開(創元許可済)」というチャレンジを http://togetter.com/li/893187:cinefuk2015-10-31 15:52:25
  • 出版社側の言い分は「腹が減ってひもじいから目の前にある自分の脚食べるタコ」みたいなものに見えるんだよなぁ。。。。:Cujo2015-10-31 14:39:27
  • 主張している内容はともかく、確かにグラフの横軸見た段階でリジェクトすべき記事だと思う。/adblock入れてると閲覧時死ぬので注意:shijuushi2015-10-31 14:15:42
  • 「本が売れない→タダで貸す図書館のせいだ」というロジックは分かりやすいので飛びつきたくなる気持ちはわかるが、出版社側はちゃんと分析して数字の根拠を持って難癖つけて欲しい:yhys072015-10-31 12:57:00
  • リアル書店での「本との偶然の出会い」は減少中。ネット書店の「レコメンドを通じた出会い」にシフトした感が。図書館は前者に近い。この流れを理解してない出版社の著作物が売れないならば、悪いのは出版社と思う。:maple_magician2015-10-31 11:56:22
  • “著者と版元の合意がある新刊について「貸し出しの1年猶予」を求める”:hiroomi2015-10-31 11:27:59
  • しかたがないから、図書館情報大学を廃校にするしかないな(´・ω・`):gui12015-10-31 10:01:08
  • ↓丁寧な統計処理じゃねえよこの朝日記者の仕事は。生産年齢人口の推移と書籍売り上げ比較するグラフでなぜか横軸が1年ごとになってねえ。ピークがずれてるのをごまかすための詐術と取られても文句いえねえ:damae2015-10-31 09:56:59
  • 図書館のせいというデータの真偽を確かめた後は自説も確かめることをオススメします的な(スケールをかえて自説に都合のよい変化が見えるようにしちゃだめよ)/ぶっちゃけ人口デフレ説の変形でよろしくなく:You-me2015-10-31 09:39:40
  • 自分はあまり図書館も利用せず本も買わないので、出版社の言う通りやってみれば良いと思う。図書館は1年後に古本屋から書籍を購入すれば安上がりで良いし。図書館の存在意義は新書だけでは無いはずだと思う。:mani0232015-10-31 09:37:51
  • 新潮社社長の図書館批判は、書籍売上の約3%を占める大口顧客を批判していることなんだよねえ。:shinjukukumin2015-10-31 09:21:21
  • そういう面も完全には否定しないけど、書籍にとって最大の「お客様」は図書館だという現実もあるんだよね。:kurimshow2015-10-31 09:00:43
  • そういえば、書店数の減少との相関はどうなってるんだろう。:tsysoba2015-10-31 08:56:38
  • 非常に真摯な記事。相関関係と因果関係の違いも認識していて、相関関係までは調べられたけど、因果関係まではわからないと書いていることに好感を持てる。:JULY2015-10-31 07:49:50
  • まだ不足かと。例の記事を前提にせず出版社の主張にそって課題設定すれば「1万部~10万部の作家がご飯たでるために必要なボリュームゾーンの文芸書」と「文庫」について論じなければ。同じ結果になるかもだけど:archivist_kyoto2015-10-31 06:52:10
  • データの是非はともかく、かんしゃく起こした子供みたいに感情論でそこらじゅう焦土にするやり方は捨てて欲しいなあ。音楽業界の斜陽を反面教師にしてくれよ。いくつ文化を燃やせば気が済むんだ。:hiby2015-10-31 06:00:00
  • 「印象論」で、本来「味方」である存在を切って捨てるのはやめてほしい。:SasakiTakahiro2015-10-31 05:57:20
  • 図書館が国民の希望に応え続けると、果たして出版は可能だろうか:lbtmplz2015-10-31 03:59:11
  • なんで出版業界も音楽業界も90年代の異常な状態を基準にするんだろうか。:hidex77772015-10-31 01:20:19
  • これ褒めてるブコメ、バカすぎでしょ…。:Yagokoro2015-10-31 01:13:12
  • まず出版社側で足並みそろえてみろよ。って感じだな。:atoh2015-10-31 01:01:49
  • 丁寧な統計に基づいて「書籍の売上」と「生産年齢人口」「資料費」(ともに減少)が最も相関関係が高いと導いた素晴らしい記事。印象だけで図書館を叩くの、ゲーム悪玉説と構図が同じだよなあ:bigburn2015-10-31 01:01:34
  • CNETページはABP入れてると何度も何度も広告を読み直す仕組みが入ってるのでブラクラになってしまう:toycan20042015-10-31 00:54:08
  • 自分らで勝手に仮想敵作って盛り上がってたのかもしれんけど一般の人は誰も図書館のせいなんて思ってないよ。今更データ見て気づいた体で問題提起されても茶番でしかない。:taguch12015-10-31 00:49:15
  • ネット、ブックオフ、電子書籍などより大きな要因を除かない売上減少データとの相関性を見て何か意味があるのか疑問。生産年齢人口の減少と図書の売上減少の相関の強調も疑問。この記事を称揚するブコメが最も疑問。:sakuragaoka992015-10-31 00:43:49
  • ウェブとか情報資源の増加もあって、情報資源に占める本の割合が相対的に少なくなっている とかではないの??:tyuke2015-10-31 00:43:09
  • 問題提起は面白いので、統計の素養がある人にきちんと分析していただきたいところ……(他人任せ):Lycoris_i2015-10-31 00:37:35
  • 良記事。:vonakat2015-10-31 00:15:05
  • ポジショントークはみっともない。:rodori2015-10-31 00:10:36
  • 本が売れないのは図書館のせいというのなら、発言側がちゃんとデータと根拠を示さないとただの妄想だよね:NATTI2015-10-30 23:58:19
  • 出版業界側がこのまま図書館叩きに走ったあげく、読書人口そのものを壊滅させて、「こんなハズじゃなかったのにーー!」と半狂乱で泣き叫ぶ未来も見てはみたい気がする。:y-mat20062015-10-30 23:53:01
  • 細かいツッコミ来てた。:nununi2015-10-30 23:52:59
  • やっぱり生産年齢人口と相関があるように見えるよね。むしろ図書館は本に触れる機会を増やすので出版業界の味方。大事にしたほうがいい。他に色々娯楽があるのに、書籍はよく頑張ってると思う。正直なところ意外。:nippondanji2015-10-30 23:49:12
  • 公共事業として本を税金で、買って下さい、って素直には、言えない時代だからではないないか?:H582015-10-30 23:22:46
  • 新聞発行部数の減少と同じ原因だろうと思いますね。つまり、活字を書籍で読む層の減少。:Hyperion642015-10-30 22:48:42
  • こういう分析をなぜ出版社ができないのか:htnmiki2015-10-30 22:44:41
  • 値段付けて売るに価する本だけを本屋で売ることにして、あとは電子書籍化して無料配信すればいいと思います。私も楽天koboで何冊か無料配信してるくらいだし、それほど手間かかりませんよ。:meta-scheme2015-10-30 22:33:22
  • 母が書店で働いてるけど「売れないだけならともかく盗難被害がかなり大きい」と嘆いてた。転売目的と思われる盗難被害にちょくちょく遭うらしい。こういう事情も少しくらいは関わっているのかな、などと考えたり。:yurico152015-10-30 22:25:05
  • 「生産年齢人口」説でも、相関関係は出ないとおかしんだよね。高齢者(図書館と親和性が高い)が増加してるんだから。実際、朝日のグラフでも書籍売上減少のタイミングで貸出冊数の傾きが変わってる。:yas-mal2015-10-30 22:18:39
  • “「書籍の売上」と「図書館数」「個人登録者数」「個人貸出数」の相関は低い。反対に、「書籍の売上」と「生産年齢人口」「資料費」の相関は高い”:skam6662015-10-30 22:03:58
  • 朝日新聞の記事を朝日新聞の中の人が批判してるの?? それは置いておくと、グラフを一目見てもWebの影響なのは明かだよ。Webページ数・トラフィック量・ネット利用者数・閲覧時間なんかと比較してみればいい。:lovevoiceryu2015-10-30 21:51:06
  • 要は責任逃れのために出版社が外に言訳を求めてるんでしょうね:switch72015-10-30 21:48:05
  • 新刊の方も冊数でみたい(・ω・) 単価が落ちてても同じグラフになりそうだし:toaruR2015-10-30 21:45:40
  • 本が売れなくなった理由はインターネットの普及が大きな原因としか思えないんですが……。図書館が新刊を貸し出しする場合は追加コスト負担や貸出期間制限をしても良いと思う。:daizo32015-10-30 21:37:06
  • そもそも本を読まない人がいる、今まで購入していた人が予約してまで新刊本を図書館で借りる方へ移行してるだけ:hikari532015-10-30 21:26:35
  • 変数が多すぎる。とりあえず、編集コスト安い対談本の量産やめてくれ。:genkiegao2015-10-30 21:11:17
  • そもそも煽るような見出しつけたの誰だよって話だと思うの。:checheche05202015-10-30 21:07:07
  • 書籍の売上との相関は生産年齢人口と図書館資料費に、と。「図書館の伝統的役割が問い直されている、とは言っても、変わらないものもあります。それは、「知らない本との出会い」を実現する(略)機関である」:hungchang2015-10-30 21:02:01
  • タイムシリーズデータをそのまま相関係数取ってどうしたいんだ。ブコメもこんなガバガバ分析に説得力あるとか言ってんじゃねーよ。:u-account2015-10-30 21:01:59
  • 図書館のせいにしたり、読者のせいにしたりするのは、味方を攻撃する事よねとは。:lastline2015-10-30 20:59:49
  • 図書館はすげー叩かれるのは受けるプロレスの美学みたいなもんなのかな?(笑):outroad2015-10-30 20:53:53
  • 説得力ある。:aceraceae2015-10-30 20:53:00
  • うーむ:daybeforeyesterday2015-10-30 20:42:38
  • 各方面、読むべし。:nekotuna2015-10-30 20:42:19
  • 人口が減って本を買う人が減ったのは大きいよね、少年漫画とかは少子化で少年が減っちゃったから。いくら大人も読むって言ってもメインターゲットたりえないし(昔読んでた世代でも結構な人が漫画を卒業するだろうし:natu3kan2015-10-30 20:42:00
  • 相関関係があるのかないのかはわからんけど図書館がターニングポイントに差し掛かってるのは間違いないよなぁ。 読者層の減少は間違いないと思うんだよね、電車の中で本読んでる人激減してるもの。:luccafort2015-10-30 20:27:24
  • どの業界にも変化は訪れるわけで、それに対応したことをしていかないと衰退するだけと思われる。:maruzoux2015-10-30 20:21:10
  • 貸出冊数の内、発行から1年以内の新刊の割合ってどんなもんなんだろ。全体は難しくても個別の図書館だったらログから統計がとれるんじゃないかなあ。:KariumNitrate2015-10-30 20:12:12
  • まあなー。いつかの若者の活字離れ論よりはましだけどってレベル:fujioka2232015-10-30 20:09:47
  • 可処分所得の減少に一票。売れなくなってるのは本だけではない。/ 漫画(単行本、雑誌)も売上どんどん落ちてるけど図書館関係ないことは自明だよね。:ykhmfst20122015-10-30 20:05:36
  • 図書館の利用率が低下⇒売れ筋本を充実⇒買うより借りよう⇒新刊本の売上減 っていうロジックじゃないの? ある程度は因果関係あると思うよ。:kappei2015-10-30 20:05:33
  • 図書館なんて最近急増したわけじゃない。正常な皮膚感覚があれば悪玉論は「あやしい」と気づくはずだと思ってる。:ahomakotom2015-10-30 19:57:39
  • こういう記事を統計の専門家がしっかり書いて欲しい。(この記事が悪いと言っているのではない):hyuki2015-10-30 19:42:06
  • 自分でデータを集めて分析した点はよい。ただ、時系列比較は線形じゃないから相関係数使っちゃダメ。後、対比データとして、洋楽のCDが新作1年レンタル禁止になったのと洋楽CDの売上を比較してほしい。:nankichi2015-10-30 19:39:56
  • 音楽業界とまったく同じ過ちだよなぁ。リスナー/読者に喧嘩売ってどーすんだって話だ。:sho2015-10-30 19:31:21
  • 面白いなー。:michiki_jp2015-10-30 19:31:11
  • 総人口と生産年齢人口で目盛りを変えて「スケールが違いすぎると変化が見えにくくなるので」って、意味がわからない。:nobiox2015-10-30 19:28:49
  • 東証平均株価とか所得(中央値)とかと比べてみたらどうだろう:naga_sawa2015-10-30 19:26:14
  • とりあえず色んなデータで検証してて良記事。音楽業界もそうだが、いい夢見過ぎたせいで状況が悪化すると何かのせいにしたがる。攻撃対象見つけ、影響の一端はあるかも知れんが、時間や状況を戻せるわけじゃないのに:fatpapa2015-10-30 19:23:12
  • 紙の本を読みたい層の中でいがみ合ってててワロタ。読書人口を増やすという枠で見れば手を取り合うべきというのは自明。:naokun7762015-10-30 19:19:07
  • 「オレ達はとんでもない考え違いをしていたんだ…」「どういうことだ智ハヤシ?」「つまり、『資料費』の削減こそが『書籍の売上』低下の原因だったんだよ!!」「な、なんだってー!」(そういう記事ではない:cider_kondo2015-10-30 19:15:27
  • 「ブックオフ」がガンガン増え始めたり「ヤフオク」が一般化したのって何時だったかなぁ、とかその辺も知りたい:soul_soul_Q2015-10-30 19:15:00
  • とりあえず作者にツイッターで「新刊読みたいけど図書館にないんです。」とかツイートすんのやめーや:quick_past2015-10-30 19:14:49
  • 本題じゃないんですが「国会図書館のような中央の組織が、全資料を電子化して全国、全世界に配信」便利っちゃ便利なんだけど、物理的に保存・集積しておく必要は絶対あるのでなくしちゃいかんと思うよ。:mugi-yama2015-10-30 19:05:42
  • こちらも朝日新聞の方。:yaskohik2015-10-30 19:03:51
  • 「出版系の偉い人ほどデータを信じなくて、『それはデータが間違っている』とか言うんですよね…」という知人の嘆きを思い出した。:tettu04022015-10-30 18:53:58
  • おおよその経済要素で生産人口と相関度低いのってあるのかな?:kuippa2015-10-30 18:52:46
  • 良記事。「敵と味方を間違い」というのは全く同意。ネットのレビューやあらすじで満足してしまうことも出来る環境では、実際手にとって中を読めることによるロイヤリティ向上の価値は遥かに大きいと思う。:odoratec2015-10-30 18:48:22
  • 本が売れぬのは図書館のせい、CDが売れぬのは違法ダウンロードのせい。この人たちは消費者をケチかドロボーと思っているらしい。:hidematu2015-10-30 18:47:09
  • 旧メディア媒体業界(新聞、出版、CD等)の自身による敗因分析がまともだったのは見たことないな:djrymgm2015-10-30 18:42:07
  • 人口減少、経済の低成長、ネット・携帯・スマホの普及、大手古本書店、コミックレンタルショップの拡大など他の理由が色々と思いつく。そもそも図書館に行くような人は積極的に新書も買うような気がするが。:shimoya-show2015-10-30 18:39:26
  • レンタルCDを連想する。次回、面白そう。:makou2015-10-30 18:15:25
  • これ以上、本離れを加速させるつもりなんだろうか。どうしたいんだ出版社:zapperd2015-10-30 18:14:16
  • ハリポタの新作等、何年待ちもするような売れ線なら増刷するんでいいんだが、問題は初版刷って増刷するかしないかのレベルの本。/ここが全然増刷かからないと出版社は死ぬ。その辺を図書館がどれだけ食ってるか。:tacticslife2015-10-30 18:05:12
  • ID:blueboy 新聞の縮刷版や一定期間の全国紙と地元紙は図書館にあるけどそれとは違うよね。:bobcoffee2015-10-30 17:52:22
  • 出版社の売上低下の真犯人は別にして、公共図書館が「無料の貸本屋」化していることが問題の本質じゃないのかな。本来の「図書館」の役割が見失われて、極端に走ったのがCCCの事案じゃないのかな。:BIFF2015-10-30 16:56:36
  • それっぽい理由で叩く先が欲しかっただけじゃないか、と思う:kamomewa_kamome2015-10-30 16:30:50
  • 「本が売れぬのは図書館のせい」というニュースを見たのでデータを確かめてみました @cnet_japanさんから:ayohata2015-10-30 16:25:59
  • 個人ベースでは、余暇時間のパイの配分上本に配分される時間が減っているという感覚だけど:nori032015-10-30 16:24:30
  • やはり人口減と可処分所得の低下が原因かと。図書館でベストセラーを予約している人は、一年の貸出し制限を付けても、書籍を購入する可能性は低いと思う。:dazz_20012015-10-30 16:22:36
  • 売れなくて手を振り回したら図書館にぶつかった。直感的にわかりやすかったので、そのまま叩くことにした――かな。新刊本を図書館で予約すると2年待ちとかになる。その前に自分で買いたくなる本を作ってよ。:kikai-taro2015-10-30 16:16:20
  • 「図書館とはなんなのか(なんであるべきなのか)」→誰か考えてるの?/「手っ取り早く「実績」をあげたい政治家や官僚、起業家の「おもちゃ」にされている感すらあります」→これはそう思う。:teo_imperial2015-10-30 16:15:53
  • 売上総数対貸出総数じゃなくて、「売上が減った分野」対「その貸出数」の比較が見たい。例えば「1年以内に刊行された単行本」の売上が何年でどれくらい減っていて、それに対応する貸し出し数の変化とか。:Error4012015-10-30 15:40:42
  • この主張が正しいのなら、朝日新聞の日々の内容を国会図書館で電子公開すればいい。誰もが無料で朝日新聞を読めるようになる。それでいて、朝日の購読者は減らないわけだ。誰も購読料を払わないのに、朝日は儲かる。:blueboy2015-10-30 15:29:10
  • 安易な図書館悪玉論に反論…という訳でもなく、取り得るだけと資料を集めて分析した記事。各評価は各人にお任せですが、ただ、ここの提携先及びエントリ主の所属先だけで思考を放棄しないでいただきたいもの(´ω`):suzu_hiro_88232015-10-30 15:19:34
  • 『「知らない本との出会い」を実現する(しかも無料で)機関である、とのことです。この役割を広告料金に換算したら、どれほどの金額になるか』 『「印象論」で、本来「味方」である存在を切って捨てるのはやめて』:k-takahashi2015-10-30 15:11:58
  • 図書館が主な顧客である版元・作品と、図書館が販売機会の喪失に直接結びつくような版元・作品とは同列に論じられないと思うけど。:tanayuki002015-10-30 15:01:21

関連エントリ