URL

「 努力は報われないほうがいい - レジデント初期研修用資料」のグラフ

  努力は報われないほうがいい - レジデント初期研修用資料http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/558
月のグラフ

コメント

(2018/06/20 16:23:54 更新)
  • >業界のどこかで「すごい」を観測したのなら、その人と同じやりかたを重ねるのではなく、 「もっと簡単にあそこに到達するにはどうすればいいんだろう」なんて考えないといけないし、:footwork_x2012-12-13 11:57:19
  • "頑張った結果として成功した人が、次世代に頑張りを「正解」として伝えると、業界が終わる" 努力論者の牽強付会に統計が利用されるやっかいさ, 後付けとしての「努力」 cf.http://d.hatena.ne.jp/RPM/20090120/1232391076:arkanal22012-10-07 11:33:28
  • 「とりあえず頑張るぞ」というのは、自分も社会も危険な方向に向かわせてしまうということを、もっと知ってもらいたいと思う。:zirou19842011-02-03 22:06:18
  • 頑張る前に、それが本当に必要なのかどうか考えなさい」なんて 教えてほしい/達人は再現不可能で、達人抜きでも同じ結論にたどり着くやりかたを編み出して、 それを検証することこそが、統計屋さんの仕事:mi2r2010-10-25 01:47:57
  • うはー。めんどくせー。頑張ったなら報われるのがいいじゃん。だって、報われようが報われまいが俺はやり続けるんだから。:Anlimited2010-02-22 02:52:06
  • タイトルの前につけるなら、間違った努力で開拓された道は、かな。努力論なら、その範囲を制限したほうがぶれなくていい気がする。:atawi2009-11-12 21:11:35
  • 『結果として、「診察しない名医」とか「逃げる名医」を増やしてしまう。』達人は保護されているッッ!:no_ri2009-11-09 20:49:58
  • "頑張った人が、「頑張り」に見合った承認を求めると、世代を重ねるごとに、「頑張り」のコストはどんどん上がる。”:wander19852009-11-07 10:00:12
  • 「僕も頑張るぞ」というのは、危険な選択、とのこと。なるほど。他にも、名言多数あり。:mojiura2009-11-06 12:13:12
  • 『頑張った結果として成功した人が、次世代に頑張りを「正解」として伝えると、業界が終わる』 『「最初に診察したバカ医者を、あとから来た名医が口でたしなめる」というやりかた』:k-takahashi2009-11-06 08:33:21
  • ある人が努力して至った境地に、後続の人たちがより少ない努力でたどり着けるように、あらゆる努力が尽くされるべきだと思っている:mikage0142009-11-05 23:47:45
  • 楽してそこにたどり着く方法を考えるのは、自分はできないが、すごく大事だと思う。:t___s2009-11-05 23:39:05
  • 努力:reef2009-11-05 15:45:31
  • 「頑張り」というのは本来、ものすごく分の悪い賭け->その通りだと思う。//統計は使い方こそが難しい:yosuken2009-11-05 15:20:10
  • 統計も権威にすり寄り、先人に都合のいいもので塗り固め後続を身動きできないようにしてしまう。:harukaze2009-11-04 22:49:01
  • かつて所属していた部活のメンバーも成功した人を目指そうとしてみんな死んでしまった。:rinrinbell2009-11-04 22:20:38
  • ほんと、どうすれば楽が出来るかしか考えなくていいよ、仕事は。ただし、他人にツケを回す、を除く。:nijuusannmiri2009-11-04 18:37:13
  • twitter時代の知性という感じがする:happymedia2009-11-04 14:01:51
  • 普通に努力の果てに成功するのは1人だけで、その後を追う人は時間短縮なり、その成功より上に辿り着くなりしないと駄目だと思っていたんだが。仕組み化せずに個人の努力なんて経を読み始めたら終わる。間違えない。:gouk2009-11-04 13:00:11
  • 努力は報われないほうがいい - レジデント初期研修用資料 何かの間違いがあって、頑張ったその人の成功を許してしまった業界は、その時点で詰んでしまうから。:twitmarker2009-11-04 12:17:00
  • 「努力」というのは成功したあとで結果論的に振り返ると現れてくる、というような話が以前あったような。「努力」という言葉は便利だけれど、期待される方は、死ぬほどつらくなると思う:haruten2009-11-04 10:21:15
  • 努力が報われ続けた結果、業界が滅びるならそれはそれでいいんじゃないの。そこへ人間が投入できないほどコストが上がれば機械化されるだろうし。:dagama2009-11-04 10:15:55
  • 飛んだら間違いだなんて言われたら、虫もたぶん地面を歩く。今から8年ぐらい前から、だから救急外来には、「診たら負け」なんて信じられない言葉が飛び交って救急車は行き場を失って救急外来に立つ人は一気に減った:kennak2009-11-04 09:36:19
  • 素晴らしい。バイク便の罠の問題もある。もっとみんな、諦め切ってから頑張るべきだと思う。人間の力が過大評価されているのが根本だと思うけど。:yoshikogahaku2009-11-04 06:48:09
  • 自分の考えに取り込みたい。まだ消化しきれず。:Gelsy2009-11-04 05:57:33
  • どうすればいいんだろう。/盛者必衰、とか言うと諦めろという話になっちゃうし:takeishi2009-11-04 02:05:32
  • 僕の頑張るっていうのと、違うんだろうな。まあ分かり合う必要は全くないけどね。:sihou12009-11-04 01:12:43
  • 字面通りに受け取るのはアレで、自分の仕事に対するスタンスの話じゃなくて知らない業界の仕事に対する評価と統計の怖さについての話だと思う。:kingeggman2009-11-03 23:26:28
  • 統計の使い方の問題点についても。しかし先生、統計学者も実は名人芸だったのでは…という懸念がある。:lotus30002009-11-03 20:31:35
  • 「どうあがいたってオリジナルのコピーにしかなれない」コピーなら規模追求、じゃなきゃ名医か。:hiroomi2009-11-03 20:03:05
  • 統計野郎:saz_go2009-11-03 19:48:31
  • すべての人間は努力して上をめざしている中で、成功する最大のファクターが「運」だって言うことを何で誰も言わないんだぁぁl!!  よって運のよいやつのまねをしても無駄なんだぁぁ:Dursan2009-11-03 19:41:14
  • 俺の今の仕事(観光業)だと、店員ら個々が幾ら真心込めて接客したって『客足・サイフ・客の機嫌』がダメならどうにもならん。ならば"季節に合わせた人員の配置"を敷くのが最適解だし、個人努力はあくまで誤差の範囲。:guldeen2009-11-03 19:25:55
  • んー、戦車は前線で急降下爆撃機で倒すとか、移動中に阻止攻撃で倒すとか、戦略爆撃で製造前に倒すのが効率的だけど、撃ち漏らしをどうするか。根性で爆雷とか、気合でバズーカとか、努力で狙撃とか。:REV2009-11-03 18:52:51
  • 社会 あとで読む:fulci2009-11-03 18:26:56
  • 達人への道を一つも漏らさないよう頑張るのではなく、頑張りを含め少しでも近づく。当然最初は模倣だけど徐々に内包される。統計屋の指標・指数は往々に限定的。とかは?:yoshioka892009-11-03 17:33:30
  • 「だから救急外来には、「診たら負け」なんて信じられない言葉が飛び交って、救急車は行き場を失って、救急外来に立つ人は、一気に減った。」今の日本がかろうじて立っているのは医療がもっているおかげだがしかし:nozomi_private2009-11-03 17:22:17
  • 報われた努力のマネをしても、目指していた事の本質が見えないまま行ったのでは意味がない。:sanpo72009-11-03 17:20:25
  • 個人が頑張るのは個々人の勝手で間違っていないけど、組織が個人のがんばりに依存するのはおかしいんだと思う。:uunfo2009-11-03 16:58:31
  • 努力は報われるためにするのであって、”努力は報われないほうがいい”とか考えながら努力なんてできない。 あなたは報われないと思いながら努力できますか? そしてその事を人に伝える必要性を私は全く感じない。:kensir0u2009-11-03 16:18:57
  • ” 頑張った結果として成功した人が、次世代に頑張りを「正解」として伝えると、業界が終わる。”:Guro2009-11-03 16:05:25
  • http://www5f.biglobe.ne.jp/~kotohaji/HF/HF2nd/chapter_2nd_3.html "ヒューマンエラーはゼロにはならない」"他産業の基準で比較すると「医療には防御の壁が殆どない」"まず思い込みを選り分ける必要があるのかも:julajp2009-11-03 15:45:14
  • 「頑張る前に、それが本当に必要なのかどうか考えなさい」:ihmaiwtd2009-11-03 15:19:21
  • イノベーションのジレンマかな。対象の発展段階毎に解は異なると思う。初期~成長中盤=努力が正当化される(努力に見合った結果が得られる)、成長中盤~成熟=次のイノベーションの模索に重点を移す。:nanoha32009-11-03 15:19:03
  • 「頑張る前に、それが本当に必要なのかどうか考えなさい」/同じような発想に、力ずくでたどり着くやりかた/「自分の生きていく世界で「頑張る」こと自体は幸せなことだと思うし、/んー、いろいろなはなしだ:ijustiH2009-11-03 14:55:16
  • 「業界のどこかで「すごい」を観測したのなら、その人と同じやりかたを重ねるのではなく、 「もっと簡単にあそこに到達するにはどうすればいいんだろう」なんて考えないといけない」:myrmecoleon2009-11-03 14:50:51
  • 医療だけではない。日本全体同じ理屈で行き詰っているのでは。:mfigure2009-11-03 14:42:19
  • 「教育をする人たちは、研修医には、「頑張る前に、それが本当に必要なのかどうか考えなさい」なんて教えてほしいなと思う。」 それと同時に、やっぱりいずれは「ドアから入ってきた人の足取り表情で経過がわかる」:MischaMarie2009-11-03 14:30:24
  • 努力・根性・義理・人情あたりはスケールしないレベル(誰でもが再現できないレベル)になればウザいだけだなあ:bayashi_net2009-11-03 14:15:41
  • 楽な方法が一番ですよね。努力そのものを賛美すると、最後には鬱や自殺やカミカゼに辿り着く。:sezu2009-11-03 13:51:05
  • 何が必要なのか見極める力を伴わない努力は閉塞を生む:rerofumi2009-11-03 13:29:52
  • (頭の悪い)努力は(後に続く者を困らせるので)報われないほうがいい:Gakkuri-Kanabun_092009-11-03 13:16:32
  • 「「名医のやりかた」が統計で固められて、「とりあえず何とかする」乱暴なやりかたは、 いつの間にか統計的に間違いであるなんて「証明」された。」:makou2009-11-03 13:06:53
  • "頑張った結果として成功した人が、次世代に頑張りを「正解」として伝えると、業界が終わる" 努力論者の牽強付会に統計が利用されるやっかいさ, 後付けとしての「努力」 cf.http://d.hatena.ne.jp/RPM/20090120/1232391076:Yuletide_joy2009-11-03 12:29:27
  • コンプライアンスがどんなに社会にただ乗りしたシステムかがよく分かる。ただ銀行が儲けるためだけにこんなに社会を萎縮させるべきなのか。MSのバルマーによる失われた10年を思い出した:mangakoji2009-11-03 12:08:40
  • 「承認のコストがつり上がる」までは分かった。あとはよく分からん議論。他の言い方がありそう。:zakkie2009-11-03 11:48:19
  • 「平凡への強制」とも取れるかな?:kiku-chan2009-11-03 11:11:35
  • 誰かが成功したら、その人は頑張ったと言われる:sakamoto31202009-11-03 11:01:52
  • ただ頑張るだけじゃだめなんだなと思った。筆者は医療について話しているが、大学の部活を続けていくことに疑問を感じた自分にもあてはまる。:yasuharu5192009-11-03 11:01:52
  • 教育をする人たちは、研修医には、「頑張る前に、それが本当に必要なのかどうか考えなさい」なんて教えてほしいなと思う:shkatou2009-11-03 10:56:06
  • ほんとにどうしたらいいんだろう。:and_hyphen2009-11-03 10:22:11
  • 古い価値軸が統計で固められてしまうと、成功事例が収斂する:rig2009-11-03 10:14:07
  • あとでじっくり考える。:a_suenami2009-11-03 09:57:04
  • 頑張ったら負けかなと思ってる。:circled2009-11-03 09:44:25
  • 何かの間違いがあって、頑張ったその人の成功を許してしまった業界は、その時点で詰んでしまうから。:hando2009-11-03 09:16:09
  • 技能と技術の違い。技能を得るには修練が必要で統計が使えない場合が多いが、技術は統計に裏付けられた再現性の高いモノ。要は技能は職人芸で技術は経験の浅い期間工でも品質維持できる方法論。さて医者はどっち?:dekaino2009-11-03 09:15:08
  • はてなブックマーク - 人気エントリー - 努力は報われないほうがいい - レジデント初期研修用資料:eseguitarist2009-11-03 09:13:36
  • "「とりあえず頑張る」というのは本来、保身の手段であって、成功の手段とは違う。":nobyuki2009-11-03 09:12:31
  • 悩ませる。:Ohgyoku2009-11-03 09:07:42
  • 報われないとわかっている努力を強要する人々に囲まれて若者が萎縮し壊れていく某事務所。:stellaluna2009-11-03 08:20:13
  • 嫉妬をうらやましい、俺もああなりたい、に変換する魔法が必要なのかな:KoshianX2009-11-03 08:16:44
  • 「頑張り」のコスト:dododod2009-11-03 08:10:35
  • 「どうすればいいんだろう。」:pikio2009-11-03 07:34:48
  • 努力を否定するわけではないけれど、努力が障壁となることもありますから:Cutton_K2009-11-03 07:28:52
  • 下にも同じ苦労をという風潮は確かにある。工夫が必要だとは思うのだが…。:northlight2009-11-03 06:25:26
  • 統計は結果しか見ない。それも統計の結果しか:F-SQUARE2009-11-03 05:51:44
  • "統計の影響を受けず、報酬を取るか、自分の考えを取るかを選択できる業界"は幸せということかと、感じました。:nishifu2009-11-03 05:51:42
  • これは対抗言論かな。:kilrey2009-11-03 02:26:28
  • 多人数による努力の積み重ねって先人の失敗を繰り返さないことなので、結果のレベルの上昇は、意外と努力(=投入リソース)のレベルを上げないかと。それを技術革新と呼ぶのでは。:thesecret32009-11-03 02:07:29
  • もっと簡単にするにはどうすればいいのか、と考えるようにするんだけど、あまりそのような話をされない。とにかく時間をかけてやることが大事、つまり頑張ればいい、と言われる。研究はそういうものなのか。:NAMEOVER2009-11-03 02:07:06
  •  努力は報われないほうがいい:Donca2009-11-03 01:10:54
  • 【「僕も頑張るぞ」というのは、危険な選択だと思う。】:hirose312009-11-03 00:42:26
  • 一度「頑張り」の魔界に足を入れると、もう後戻りができない。頑張ったあげくにどこかに到達したとして、頑張りの元を取れなかったら失敗判定される。「:Wacky2009-11-03 00:31:13
  • 最近身につまされることが多くて困る。:AFCP2009-11-03 00:28:07
  • 努力とか頑張るとかは人や文脈によって意味が違うから、議論するのは難しそう。:fuktommy2009-11-02 23:52:01
  • 苦労したから、努力したから成長するという考え方をみんな無批判に受容しすぎな気はする:esbee2009-11-02 23:44:00
  • 頑張った結果として成功した人が、次世代に頑張りを「正解」として伝えると、業界が終わる。/「とりあえず頑張る」というのは本来、保身の手段であって、成功の手段とは違う。:prisoner0222009-11-02 23:38:25
  • 個人の努力や技量をアテにした時点でシステムとしてはダメダメだということか。:zm_nouveau2009-11-02 23:11:27
  • 本当、どうすればいいんだろう。:dochan2009-11-02 22:18:48
  •  政府の中の人は、日本の保険医療制度を意図的に破壊して「民営化」を企んでいたのではないかしら?:hamasta2009-11-02 22:11:06
  • まじめに頑張る仕事は、漸進的な改良に基づくので局所最適解に陥りやすい。それを打破するのが『遊び』の仕事なんだけれど、医者って遊ぶことが許されないのが痛いよねぇ。:petronius72009-11-02 21:53:43
  • 「「とりあえず頑張る」というのは本来、保身の手段であって、成功の手段とは違う。」:heis1012009-11-02 21:35:31
  • 私も頑張るのは嫌い/プログラムなんて頑張らないためのツールだったはずなのに、いつの間にか頑張らないと作れないものになっちゃった気がする。どこで道を間違えたんだろう。:agano2009-11-02 21:31:32
  • 一方僕は誰も頑張っていないダジャレを頑張ることにした:jt_noSke2009-11-02 21:20:42
  • 努力で埋め合わせしなければならない状況って言うのは、段取りに失敗している事が多い。努力が恒常化して段取り失敗が前提になってるブラック企業は多い、ようにみえる。:bywordeth2009-11-02 21:02:37
  • つまり現状を把握しないでデータを作る人があれだということですね.何とかしてその人たちと話してみたらいいのではないでしょうか.たとえば大勢でとか:sippu2009-11-02 20:58:57
  • 一方精神医学は、達人の量産など不可能だと諦めて、統計はDSMの治療体系へと結実した。このエントリで統計屋さんの仕事と言われていることを、しっかり実践している、ようにみえる(賛否はあるにせよ)。:p_shirokuma2009-11-02 20:52:26
  • "業界が、「やっぱりあったけぇのが一番だよ」みたいな、年寄りの価値観的なものに収斂していって、統計屋さんがそれを覆すどころか、「暖かいやりかた」を強化する方向にすり寄ってるのに、すごく嫌な予感がする。":kodaif2009-11-02 20:48:14
  • 例外的なケースかもですが、あまり規模の大きくない取締役全員が優秀なITベンチャーでは、要領よくやって少ない努力で大きな成功を収めるITエンジニアが嫉妬されにくい文化がある気がしています。:fromdusktildawn2009-11-02 20:45:01
  • "達人は再現不可能で、達人抜きでも同じ結論にたどり着くやりかたを編み出して、それを検証することこそが、統計屋さんの仕事だったはずなのに。":m-kawato2009-11-02 20:28:31
  • 自分が普段どうしているかといえば、それでも昔仕込まれた「達人」のやりかたを踏襲しているんだから、そのへん相当に矛盾はしている:medtoolz2009-11-02 20:10:29

関連エントリ