URL

「第1回 色覚はなぜ、どのように進化してきたのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト」のグラフ

第1回 色覚はなぜ、どのように進化してきたのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイトhttp://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/16/012700001/012700001/
月のグラフ

コメント

(2018/05/28 08:15:52 更新)
  • 会社で先輩社員が絶賛してた。家帰ったら読む。:takuver42016-02-04 14:23:48
  • “桿体はすごく高感度で、薄暗いところでも見えるんです。薄明視といいます。光子1個でも反応する感度です。究極の高感度光センサーです”:yu-kubo2016-02-03 18:15:11
  • 明暗を感じる組織は波長(色)の変化に鈍感で、色を感じる組織は暗部では機能しない。夜行性の動物は色覚が弱く、鳥類が『鳥目』なのは当然。:guldeen2016-02-02 21:04:23
  • 《視物質は、オプシンと呼ばれるタンパク質と、レチナールと呼ばれる色素の組み合わせでできているんです。これは、生命の歴史の中で、光を感じる仕組みとして、かなり普遍的》。:Nean2016-02-02 19:32:40
  • CUD 視覚 視細胞 桿体 錐体:arakik102016-02-02 05:17:14
  • 単に異なる範囲に感度を持つセンサーを複数持ってたってだけでしょ。:myogab2016-02-02 03:01:47
  • ほおお:ofayoyuly2016-02-01 23:36:57
  • 第1回 色覚はなぜ、どのように進化してきたのか:sett-42016-02-01 20:58:29
  • サイじゃないのに再獲得ってか(未読):death6coin2016-02-01 20:04:48
  • あとで:transmitter2016-02-01 19:58:41
  • うーむ:daybeforeyesterday2016-02-01 19:29:44
  • こういうのも、まだまだ穴だらけなんだろうな。:whataru2016-02-01 18:09:17
  • ロドプシン回りを勉強中だったのでタイムリー。:zyzy2016-02-01 18:06:18
  • ここから外側膝状体とか大細胞小細胞の話になるのかな:vndn2016-02-01 17:55:47
  • 第1回 色覚はなぜ、どのように進化してきたのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト: ふだんの生活で、ぼくたちは日々、目を通したいわゆる視覚情報に晒されている。…:gorillarfrank2016-02-01 17:06:31
  • newton 2015年11月号 視覚のしくみ─形や動きを見る が 絵があってわかりやすかったよ:nankichi2016-02-01 16:32:05
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科・先端生命科学専攻 河村正二教授:agrisearch2016-02-01 16:27:57
  • 眼の進化。河村正二教授に取材:machida772016-02-01 13:46:04

関連エントリ