URL

「日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗」のグラフ

日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101222/p3
月のグラフ

コメント

(2018/01/24 07:05:09 更新)
  • 世間様に申し訳たたないと思わないのか!と、世間の代表者面して家族を縛り合うのが日本の家庭で、社会もそれを求めてる。:quick_past2017-12-23 17:24:34
  • 『加害者家族』、積読したままだった気がする。ここで紹介されてるほかの本も読んでみよう。:wuzuki2017-12-22 22:51:12
  • 下村健一のブログ:animist2017-09-14 14:44:30
  • これを今、再紹介。:gryphon2017-09-12 01:20:06
  • 「日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」」:taraxacum_off2013-08-02 19:34:06
  • 商品と同じで、人間にも“製造責任”が問われるなんて、ホントものづくり大国だわ。:iottena2013-07-30 18:58:38
  • 日本の駄目な所は慨嘆するが。例えば米国でも、ソンミ村虐殺事件阻止の勇者が嫌がらせされた様な理不尽な事例が。屑は何処にでも居る。 ・暗いニュースリンクhttp://bit.ly/eo859z:popoi2013-07-30 17:54:59
  • 2年前のエントリーなのね。/被害者・加害者関係なく、当人やその家族なのに直接的に非難するのは、起きてしまった事件に積極的に荷担しているのと同じだと思う。:te2u2013-07-30 17:50:35
  • 日本スゲーも日本も見習えも変わらん気がするぜ:b01012013-07-30 16:22:46
  • ジョージ・ジマーマンの家族は全米から「殺してやる」という脅しを受けているわけだが。http://abcnews.go.com/US/zimmermans-parents-hiding-enormous-amount-death-threats-abc/story?id=19670456:flistius2013-07-30 15:21:34
  • タイトルが適当すぎる。少なくとも同じ犯罪で比較すべき。/全米ライフル協会員からの励ましでは?/アメリカでも近所から圧力が掛かるのは同じ。:TakayukiN6272013-07-30 14:56:39
  • これはたまげた。アメリカの奥深さ。/日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗:sessendo2013-07-30 13:04:31
  • 日本のムラ社会はこんなもんだ。 #事件 #社会:kirifue2013-07-30 12:55:44
  • ああ。なんかわかるわ:soret2013-07-30 12:52:01
  • 人はなぜ赤の他人に激励、抗議するんだろう。:wdoomer2013-07-30 12:35:34
  • 加害者や被害者家族が非難される意味はほんとわからん。:y-wood2013-07-30 12:14:35
  • 一方、アメリカじゃアラブ系ってだけでテロリスト呼ばわりされて差別してるけどな。励ますのは同じアメリカ人だからでは。:cheapcode2013-07-30 12:01:52
  • 加害者家族の問題より、被害者本人や被害者家族の問題の方が急務だけどね。加害者が未成年だからと実名報道されない陰で、「被害者」は未成年でもガンガン実名報道されたりさ。:celaeno_w2013-07-30 11:44:52
  • ほえー。。。:tailwisdom2013-07-30 10:56:23
  • 普段、自らを抑えてそれを苦にしている者が「抑圧から解き放たれた人」を見ると、妬みの感情を持つ。たまたまそれが犯罪者であれば関係者すべてに対する激しい攻撃感情となる。:na232013-07-30 10:56:18
  • 日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗:lightnoovel2013-07-30 10:32:41
  • ぼくとおなじ「テロルの決算」(沢木耕太郎)の読み方をしている。なんか感激したのでブクマ。:cj30294122013-07-30 10:09:56
  • アメリカは銃を犯罪の抑止力とし、日本は連帯責任を抑止力としている。日本のほうが数段上:ijiaro12013-07-30 10:09:38
  • ふーむ。:yarukimedesu2013-07-30 09:40:50
  • 穿った人が多いなぁ。一件だけの例としても不要に加害者家族が追い込まれるよりはこの米国の事例の方が素敵だと思うし、(激励は違うにしても)関係ない人が家族まで誹謗中傷するのは控えた方がいいとも思うけど:mirinon2013-07-30 09:24:34
  • 私が子どもを作ったとして、子どもが犯罪者にならないように育てきる自信がないし、もしなられたら洒落にならないので私は子どもを作らない。不注意の事故だってありえるし。と冷たく語ってみる。:waiwaimic2013-07-30 09:13:09
  • アーカンソーの連中(Mitchell Johnson,Andrew Golden)は白人だったからだけだったりして:khtno732013-07-30 09:07:32
  • 一方全米各地から命を狙われてるジマーマン一家は:neogratche2013-07-30 09:07:10
  • それ米国の銃協会の皆さんからの励まし(金品含め)だと思ったのは、下衆ですか?:pilpilpil2013-07-30 09:05:50
  • ミーガン法の弊害として"67% 家族が心理的に傷つけられた 67% コミュニティや知人から仲間はずれにされた"http://macska.org/meg/consequences.html とか/日本の司法制度、報道は色々「それ以前の問題」ではないかと。:K1tten2013-07-30 09:02:45
  • これは加害者が小中学生だったからじゃないのかなあ。それと、日本で知らない人から具体的なアドバイスが届いても励ましと受け取らず「何も知らないやつに言われたくない」と思う人が多いような気がする。:chinjuh2013-07-30 08:56:05
  • 3年前のエントリだが典型的な出羽の守エントリにしか読めんねぇ:Moodykajigaya2013-07-30 08:53:21
  • オリンピックで失敗したスポーツ選手の実家に非難の電話がかかりまくる、とかもあるよね。非難したい側としては、本当は理由は何でもよくて、犯罪が一番分かりやすく正義の側に立てるってことなのかも:gorotaku2013-07-30 08:51:04
  • 『この中で罪無きものが石を投げよ』と言われ、喜々として投げちゃう社会と投げない社会。"上辺の"治安がよくても『体感治安』が何故か"悪化してしまう"原因が何処にあるのか。/あとで読む。:suzu_hiro_88232013-07-30 08:48:19
  • 簡単ではない。:Cujo2013-07-30 08:42:18
  • 日本は極悪犯を育てた親も連座処罰すべきという考えの人が多く、彼らの私憤が家族への脅迫を駆り立てる。:kechack2013-07-30 08:36:08
  • だからこそ、日本はアメリカより治安がいいんでしょう。:coolworld2013-07-30 08:32:41
  • 国民性の違いなのか、社会構造の違いなのか、多様性の違いなのか。:sakon3102013-07-30 08:25:59
  • 興味深いね:banbee62013-07-30 08:25:17
  • 「日本の治安の良さは『罪七族に及ぶ』との発想・感覚がいまだ因習に残り、家族に累が及ぶ抑止力が働くことと裏腹なのだ」と、山本七平も2、30年前に指摘」:njamota2013-07-30 08:17:48
  • 自分が被害者(遺族)になることは容易に想像できるが、自分が加害者(家族)になる可能性を直視できる人は多くない。:ncc17012013-07-30 08:14:52
  • 時事, 犯罪, 米国 | ではこっから真面目な話。■『加害者家族』になったら人生オワタ\(^o^)/ですhttp://d.hatena.ne.jp/michiaki/20101219/1292759610にて、加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)作者: 鈴木伸元出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010:matagura2013-07-30 08:09:33
  • id:LanikaiSands のコメントが顔真っ赤過ぎて笑った。:iteau2013-07-30 08:08:20
  • 悪人やその家族に石を投げる遊びはもうやめろって事だろ? その通りだと思うよ。:RabbitBit2013-07-30 07:52:12
  • 負けた将軍を処刑するカルタゴと、大事な経験を積んだとして次のチャンスを与えるローマの対比に繋がるものがある:death6coin2013-07-30 07:49:21
  • 日本の場合は加害者だろうと被害者だろうと実名が出たら叩かれる印象。実名報道が制裁と化している。:uturi2013-07-30 07:42:25
  • アメリカの例が適切かはわかんないけど、日本のそれは想像するだに凄まじいんだろうなぁと。鳥インフルの時に自殺した養鶏業者思い出す。:sextremely2013-07-30 07:31:23
  • うん?:poko782013-07-30 07:28:27
  • このケースが全てとは言わない。しかし、このケースが一切出てこない日本という形で考える必要はある。:houjiT2013-07-30 07:24:42
  • 別にアメリカでも犯罪加害者には厳しいとは思いますよ。アナザープラネットって映画ではそれだけで映画の大半費やしてもう一つの地球とか言う設定ほぼ丸投げでしたし:asuka08012013-07-30 07:21:49
  • 「「日本の治安の良さは『罪七族に及ぶ』との発想・感覚がいまだ因習に残り、家族に累が及ぶ抑止力が働くことと裏腹なのだ」と、山本七平も2、30年前に指摘してたね。」:arajin2013-07-30 07:16:47
  • 日本人もダブスタが多すぎてわけ分からん:tonton-jiji2013-07-30 07:05:17
  • 池に落ちた犬をつきおとすようなところが日本にはありますね。なかなか突くところがありますね。:ueshin2013-07-30 06:37:04
  • 考えちゃうなー。:otakey19802013-07-30 06:21:27
  • 全米の犯罪のうちの何%にこういう前例があるのか書いてないから、信用するに値しない。:MonoCarky2013-07-30 05:55:35
  • アメリカの例がレアケースだと顔を真っ赤にして書いてるけど、日本が犯罪加害者家族に厳しいのもレアケースですかね?/id:iteau 毎日暑いですね:LanikaiSands2013-07-30 05:52:57
  • 他国の人々が揃って心の底から驚嘆し礼賛する「大災害時にも全く動じずお互いを思いやって整然と行動する日本人」という生き方・文化とこういった問題とは表裏一体。こっちを無くせばあっちも無くなる可能性極大。:rider2502013-07-30 05:43:29
  • アメリカと日本とでは文化他etcが異なりすぎて参考になら無い気が・・・:arlu2013-07-30 05:22:10
  • アメリカだと加害者と被害者の人種と宗教によってものすごく対応変わると思うんだけど。:kujirax2013-07-30 04:56:44
  • たぶん、宗教の違いなのではないでしょうか。聖書の出てきそうなエピソードですよね。何にでも同じ態度かというとそうではないような気がします。日本は江戸時代にあった五人組による連帯責任の文化が浸透している?:sirocco2013-07-30 04:34:52
  • これアメリカで本当なのかな?学校や映画館で銃乱射事件が起きた州に住む私の素朴な疑問。:tborsa2013-07-30 04:33:03
  • 日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」:beintro3352013-07-30 02:44:30
  • ジョーンズボロ銃乱射事件ね。11,13歳の少年たちが使った銃器は父親、祖父のものだった。狩りの経験もあった。親の教育、銃器の管理責任が問われる筈。これで親に励ましの手紙とか嘘だろ。犯人の年齢が幼かったからか:totoronoki2013-07-30 02:07:11
  • どんな育て方をしても勝手だというなら、社会が他人の子育てをサポートする意味は何だろう。親戚や兄弟を責めるのは問題だけど、親に責任を求めるのは、悪とは言い切れないね。親の思想影響は歳をとるほど顕著になる:aLa2013-07-30 01:56:34
  • 平野啓一郎の決壊にも、加害者家族が非難を受けるシーンがあった。非難する側ってネットイナゴと同様の心理なのかな:hikalin86862013-07-30 01:49:05
  • 日本と言う大きな村社会。:frinks2013-07-30 01:37:07
  • 大事なのは、次同じ事が起きないために何をすべきか。少なくとも、加害者親族に抗議したって次のシリアルキラーを止められないよなぁ……:yaorozuonline2013-07-30 01:32:43
  • これからは報道などで見知ったら加害者家族を励ますようにしよう。:yoshizawa812013-07-30 01:29:42
  • 日本人は悪人とその家族に対してならどんな行き過ぎた行為も許されるし、「やりすぎだ」と批判すればそいつも迫害の対象になるっていう正義の名のもとにイジメをするのが大好きなゲスい国民性だしなー……:zunjp2013-07-30 01:27:23
  • アメリカの事は知らんが、日本の場合はなぜか被害者でも責められるし、加害者と決めつけて執拗に責めてた相手が実は加害者やその関係者ですらなかったなんて話が日常茶飯事なのがとても笑えない。:dodorugefu2013-07-30 01:26:41
  • 『犯罪者の家族にドッサリ届くもの』日本では抗議や脅迫。アメリカは大量の励まし―身内の犯罪で失職や転居、自殺も起こる日本。アメリカでは銃乱射事件の加害少年の母に全国から家族を激励する手紙や電話が殺到。:taurin1000mg2013-07-30 01:24:14
  • こいつredditとか知らんのか、罵詈雑言だぞ。:fukuganad20122013-07-30 01:20:33
  • 加害者家族が励まされたとされる事例がアーカンソーの一件しか出てこない反面、ロス暴動のように加害者家族への嫌がらせどころか民族丸ごと復讐対象とされ襲撃放火等されたケースは山のように出てくるのがアメリカ。:pokute82013-07-30 00:49:31
  • アメリカはキリスト教徒という一体感があるからじゃないのかな。よく分からない:kaionji2013-07-30 00:47:27
  • 『日本の治安の良さは『罪七族に及ぶ』との発想・感覚がいまだ因習に残り、家族に累が及ぶ抑止力が働くことと裏腹なのだ』:John_Kawanishi2013-07-30 00:40:02
  • ジェフリー・ダーマーの父親の手記を思い出した(未読だが…)。あれは親たるものや、親にならんとするもの、子たる時代に別れる世代は読むべきものなのだろう。忌諱するものではなくて。:momizikeiko2013-07-30 00:27:32
  • 加害者家族に対する世間の対応。日本の場合は「勧善懲悪」の名のもとに、何時の間にか加害者家族どころか被害者家族の心まで土足で踏み込んで、素知らぬ顔で「名誉棄損」行為を行うマスゴミが諸悪の根源。:kirishima28132013-07-30 00:26:38
  • "日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗" Feedly:Newa2013-07-30 00:24:50
  • 柄谷行人の「倫理21」っていう本にもおんなじようなことが書いてあった。だから日本は子供の主体性を認めてないからダメって論旨だったかな。:NLW2013-07-30 00:22:41
  • 加害者家族に累が及ぶのと同時に、被害者家族にも同情という名を借りた好奇の目が向けられる実情も併せて考えるべきだな、と思ったり:norinorisan422013-07-30 00:05:50
  • 血縁者が悪い事したら批難される文化は、ほんとファックだわ:miyadai4542013-07-29 23:56:54
  • 被害者の救済はもちろんとして、では。何で両方救済という選択肢がないのか:hazime29142013-07-29 23:54:14
  • 「大半」だから当然批難の声もあるだろな。が、日本だとまずほぼ100%批難の声だろな。「親の顔が見てみたい」て言葉の怖さを感じたり。私刑よか、更正させて刑期を終えた受刑者を受け入れられる社会の方が健全。:take-it2013-07-29 23:49:16
  • 日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫が殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」 - 見えない道場本舗:miyashiki2013-07-29 23:30:29
  • アメリカの例はともかくとして、加害者家族に向けてにしろ被害者家族に向けてにしろ、詳しい内情も知らない赤の他人が安全なところから非難するような行為がなくなればいいなと思う。:yukimi19772013-07-29 23:30:01
  • アメリカは道徳の概念が他の伝統的な国とは違う印象がある。大量殺人犯の家族に脅迫をしない事が称賛されても、激励する事は完全な間違いである。:strawberryhunter2013-07-29 23:24:54
  • いかにも「日本は窮屈な暗闇だ」をやりたい人に好まれそうな物語だけど、米国もメディアに報道された容疑者の家に大量のプラカード持った住民が押しかけて「出てけ消えろ」って光景を結構頻繁にやってるよね?:humid2013-07-29 23:23:22
  • 変に信心深いアメリカのことだから、どっかのテレビ牧師が罪深きものに許しをとか喋ればすぐ3~4桁の手紙が届きそうな気がするんだが・・・:hahiho2013-07-29 23:22:12
  • 感情任せの責めなのかな。:hiroomi2013-07-29 23:21:50
  • 身近な事件だとエキサイトして一族郎党打ち首の末獄門磔とか思っちゃうのかなあ。思うだろうなあ。:mrkn2232013-07-29 23:19:17
  • 少子化とも関係ある気がした。「子育て失敗は許されない」的な息苦しさがトライアンドエラーを阻む。:junkcollector2013-07-29 23:09:10
  • 日本の家族は負の部分での運命共同体的思想(思い込み)が強いのかもしれない。でなければ何処かの政党から「家族は、互いに助け合わなければならない」なんていう憲法草案が生まれるわけがない。:i_nakami2013-07-29 23:00:06
  • アメリカのはいい話に思えるが結果的に日本では大多数が圧倒的な治安の良さを享受出来ているのだから、安易に日本が悪いと言う話ではないね。家族に対する脅迫を肯定するつもりはないが。ただとても面白い話だった。:neradu2013-07-29 22:53:17
  • アメリカは、全米ライフル協会とか言う謎の銃を信仰する団体がいるし、乱射犯の親に励ましとか来るのは、単純に「心が広いね!」って話なのかは、私にはよくわからん。:shea2013-07-29 22:44:11
  • 911のテロの後、多くの中東系米国人が差別や脅迫を受けたわけだけど。少数のエピソードで社会や文化を決めつけるのは愚劣なだけ。:m-matsuoka2013-07-29 22:20:20
  • 親の顔が見たいと言うのは犯罪者の親を自殺に追い込むメディアの刷り込みかもな:Dominique-Magne2013-07-29 22:12:12
  • 加害者家族になって人生オワタはいかんけど、激励の手紙が箱いっぱいってのもそれは違うだろ。まず誰が救済されるべきか順番をよく考えろ:dzod2013-07-29 22:09:42
  • 励ましの手紙てそれ宗教やろ。:tzt2013-07-29 22:01:28
  • テロルの決算。加害者家族:morita_non2013-07-29 21:41:28
  • 山口二矢の両親は事件後しばらく、マスコミの取材を避けるために綱島温泉にいたらしいのだが、沢木耕太郎の『テロルの決算』にはそういう記述はあるのかしら:zaikabou2013-07-29 21:17:20
  • へー。でも全般的な話なのかな。一部?の美談数件並べてもあまり説得力が。:m_uchino2013-07-29 21:17:18
  • こらまた美しい。これこそ日本らしさだよな。日本人の国家殺人(死刑)大好きさ加減も同じ根っこなんだろうなぁ。アメリカのが先にやめるかもね:mangakoji2013-07-29 21:13:25
  • ものすごく心当たりがあるなあ(´・ω・`):sora-papa2013-07-29 21:08:24
  • とても興味深い:skt2442013-07-29 20:44:21

関連エントリ