URL

「個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ」のグラフ

個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログhttp://blogs.itmedia.co.jp/saito/2009/12/235---amazon-ki.html
月のグラフ

コメント

(2018/09/21 17:55:11 更新)
  • 〔電子書籍〕:kurohito01162012-03-08 12:07:29
  • 一般的にまともに自費出版をしようとすると約200万円ほど必要といわれている。 それが電子書籍リーダーの普及によって,それが一冊あたり2000円程度,ごく簡単な手続きで本が出せる時代になったのだ。:weed_77772011-12-07 15:36:01
  • 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:In the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:atyks2011-10-18 16:40:46
  • [書籍資料]:aki-akatsuki2010-04-09 11:51:44
  • 周りの編集者はこれらをまったく危機に感じていない。自分たちの仕事がどれだけ多岐に渡り、手間がかかり、その割には売上に努力がはっきり反映されるとは限らないことを知っているから。:sakura_1232010-03-25 13:23:06
  • Kindle、iPad関連:orzie2010-02-09 02:44:01
  • Amazon Kindle:myamadakg2010-01-22 18:04:49
  • 「一般的にまともに自費出版をしようとすると約200万円ほど必要といわれている。 それが電子書籍リーダーの普及によって,それが一冊あたり2000円程度,ごく簡単な手続きで本が出せる時代になったのだ」:mahbo2010-01-15 23:36:01
  • 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:Ctrans2010-01-14 23:56:16
  • 新聞とか週刊誌なんかは電子化したほうがいい筆頭だろうし、書籍もその流れになるのは当然だべ。文章の電子化・編集・整形なんかの仕事ができたら儲かるかなぁ。端末が国内対応したら買おう:tio2592010-01-14 12:49:03
  • 出版業者潰れるなこりゃ:gakkiy2010-01-14 10:57:47
  • ISBNについて「申請に必要な時間は約3週間,費用17850円で10冊分のコードを入手できる」:uunfo2010-01-13 16:14:29
  • 出版会社ヤバイ?『自費出版をしようとすると約200万円ほど必要といわれている。 それが電子書籍リーダーの普及によって,それが一冊あたり2000円程度,ごく簡単な手続きで本が出せる』:superrush4x2010-01-12 18:45:43
  • 僕は、著者が本当にひとりで“書籍”を作れるのか、はなはだ疑問に思っている。テキストファイルが書き上がる=書籍の完成、ではないのだよ。あと出版社の費用に「原稿料」入れ忘れちゃいけないよ。:takepierrot2010-01-07 13:46:05
  • TB送ったんだけど承認してもらえなかったっぽい。TBポリシーに触れる内容を書いたつもりはないんだけど。http://bit.ly/8rcADv 【2010/01/07 追記:】承認頂いたことを確認。失礼しました&ありがとうございます。:lost_and_found2010-01-06 13:02:07
  • ぼくも将来自分の本を電子書籍で出してみたい。というより、生徒に勧めてみようかな。:ikutosu2010-01-05 23:07:20
  • Now browsing:個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:saya7se2010-01-05 18:54:10
  • 同人流通ならもっと条件いいのに……(電子媒体も紙媒体も)。:asakura-t2010-01-05 16:33:37
  • kindle:keisukexyz19862010-01-04 20:54:56
  • 準備しよう:kyoon2010-01-04 16:41:43
  • 再度のPOST。感慨深い。今まではネットやPCのせいで著作物はコピーされ、著作者の利益は減ってばかりだったのに、これや、ロングテールのおかげで作者の利益が増えるなんて。マンガでも出来るといいね「個人が:Mojo2010-01-03 23:41:33
  • 35%なのは印税じゃなくて卸値(自費出版の場合) 大手の場合は50%らしい。:urashimasan2010-01-03 23:38:21
  • 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:century20012010-01-03 02:00:46
  • むしろ35%も(AppStoreを考えると)低い気が… Now Browsing: 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:takuma1042010-01-03 00:58:07
  • こいつはすばらしい!:runeharst2010-01-02 18:01:35
  • 「ここで驚くべきは,Amazonでの電子書籍登録がオンラインで誰にでも可能だということだ。」←知らなかった。フリーの編集者と組めば質を落とさず出版社の中抜きができるのか?:kzakza2010-01-01 16:02:52
  • これは流行るとおもうけど、既存の出版社が死ねるなw:kamm2010-01-01 14:44:45
  • リブリエのときにこれをやってればねえ。でも同人誌の問題(著作権的にお目こぼしされてる状況)とか日本ではどうするのかな。。。逆に規制はしやすくなるか。:nomurahideto2010-01-01 01:14:52
  •  人は何に支払うのだろう、それをわかっている人が勝ち残る:hamasta2009-12-31 21:59:31
  • ケータイ小説ならぬKindle小説化しそうだ。クソ書籍がわんさか出てくるのは嫌だなー:muranoki32009-12-31 20:39:46
  • ケータイ小説ならぬKindle小説化しそうだ。クソ書籍がわんさか出てくるのは嫌だなー:murakey22009-12-31 20:39:46
  • amazonの流通に乗せられるのは魅了、。実際に試してみた人のレポが見たい!:tkosuga2009-12-31 19:13:45
  • Amazonの取り分が65%というのは多分に瞬間風速的事象では。BNその他のマーケットプレイスとの競争が始まれば比較的サクッと削られる部分だと思う。というかこのマージンを維持しようとすればAmazon自身が中抜きされる。:sugibuchi2009-12-31 18:57:32
  • 京極夏彦氏(前に糸井重里氏との対談で今の出版のあり方に苦言を呈してた)あたりが出すんじゃないだろうか来年。:thyself20052009-12-31 17:42:06
  • Amazon Kindle で個人書籍出版:ngbroad12009-12-31 16:03:49
  • データは自動変換なのか。詳しくはわからないけど組版の人は大激怒間違いなしですのぉ。あと、書籍の価格は著者が決められるってのを見て、農家と農協の話(カンブリア宮殿)を思い出した。3Pのプロモーションはもう出:jdash2009-12-31 14:17:12
  • ←儲かりはしないか。/自費出版と一緒でどっかに閾値が発生すると思う。単純に安い出版という位置かな。:yowa22009-12-31 14:04:24
  • kindle:me-chan-is-che2009-12-31 13:57:18
  • 俺も本を出そうかな:tach2009-12-31 13:53:57
  • 電子書籍:shoeshoe2009-12-31 12:16:12
  • []:happymedia2009-12-31 12:05:53
  • ツマンネ小説を大金払って胡散臭い自費出版社よりずっといいじゃん。売れないという帰結は一緒なんだし。(´ー`)y-~~。でも、装丁のデザインとか、旧来の本らしさが味わえないのが残念。落書き同然の作者の為書とかも。:doumoto2009-12-31 11:59:03
  • 個人出版が間違いなく先行するでしょうね。 RT @shin_634: 日本の出版業界の動きが気になる。日本では個人出版が先行するかも? 『個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃』:aryuaryu2009-12-31 10:53:25
  • 携帯小説をこのモデルに乗せられると面白そう。というかしゅっぱんおわた:kitayama2009-12-31 10:42:41
  • 電子書籍に興味あり、今書いている文章を登録してみるか:fenrir-naru2009-12-31 09:08:49
  • 「著名なベストセラー作家や漫画家,アルファブロガーなどが出版社の力を借りずに独自ルートで電子書籍を販売する日は近いだろう。また電子書籍はiPhoneアプリと異なりプログラミング不要だ。」:shigeo22009-12-31 08:39:35
  • いいねーーーーー:hipcity2009-12-31 08:17:48
  • 電子書籍専用コンテンツを製造流通広告販売の工程が別物である実際の出版物と比べるのはナンセンスだよね。同人サイトとかのピンハネ率を考えると35%は相当条件悪く感じちゃうな。:humid2009-12-31 05:36:10
  • 広告業界をGoogleが、出版業界をAmazonがとりに来たか:Chishow2009-12-31 04:53:15
  • こういう時代がきたか。。:gotoworks5102009-12-31 04:52:09
  • いいことなんだろうけど、amazonで本を買うより普通に本屋で本を買う方が好き:mukisoramame2009-12-31 04:07:45
  • 弱い立場の作家は出版に使い捨てられたりするからな。競争が生まれることは良いことだ:rz1h931f4c2009-12-31 03:25:13
  • 出版 ビジネス:mash19802009-12-31 03:18:34
  • 実際に利益が出るかはともかく,2万円足らずで自分の本が世界に発信できるというのは夢がある:nakex12009-12-31 01:46:25
  • 電子書籍リーダーの普及で、一冊あたり2000円程度、簡単な手続きで本が出せる時代になった:semi2009-12-31 01:42:45
  • 出版社と印刷業がヤバイ・・。日販などの取次業も危機を感じるでしょうね:metalican2009-12-31 01:13:35
  • //ここで驚くべきは,Amazonでの電子書籍登録がオンラインで誰にでも可能だということだ。//Amazonが出版/流通/販売を一手に引き受ける時代。競合は現れるのだろうか。:raitu2009-12-31 00:53:33
  • 腐女子向け同人界で「一般人の目に入るからamazon禁止」ルールができるのかな:toriatori2009-12-31 00:46:57
  • Amazonが次のコミケ会場になるな。:tnk9622009-12-31 00:40:08
  • なまず釣り本を書き貯めておこう:benkeiblog2009-12-31 00:39:55
  • 現代の情報は伝達に紙を必要としない。コストの安いほうに流れるのは自然な流れだろうな:ite2009-12-31 00:12:55
  • Amazonでの電子書籍登録がオンラインで誰にでも可能だということだ。 (現在は日本語コンテンツは不可だが,近い将来開放されるだろう):decoy20042009-12-30 23:52:36
  • まさに新たなテクノロジーによる創造的破壊:Mchan2009-12-30 23:43:50
  • たまーに当てる人がでるかもしれないけど、そもそも書籍なんて内容が良ければ売れるわけじゃないし、一見夢のようなこのシステムで儲かるのは夢見た人々からまんべんなく65%取れるAmazonくらいでは?:doku192009-12-30 23:21:09
  • 売れたら、の話。:tategami-jin2009-12-30 23:09:12
  • 本を出しやすくなるのはいいことですけど、こうなると本屋とか図書館も今のままでは危ないな。普段でもScanSnapとか使って絶対に必要でない本とかはPDFとかに変換しているから、そういう時代になるんでしょうね。:wasai2009-12-30 23:03:47
  • めでたいニュース。:mthiroki2009-12-30 22:42:20
  • 一冊あたり数千円程度、ごく簡単な手続きで本が出せる時代に。:adsty2009-12-30 22:37:20
  • 本を出版することがとても簡単に出来そうな件:maou-itou2009-12-30 22:28:55
  • わずか数千円の資金で自費出版可能な時代が到来か?/いろいろ問題はあるみたいだけど、この動き自体は歓迎したい。]:chroju2009-12-30 22:27:07
  • 競争が激しくなる分全ての作家がハッピーって話ではないんでしょうね。でも競争に参加する事は誰にでも出来るようになった。多くの才能が日の目を浴びることを期待します。:nkdsk2009-12-30 21:24:14
  • これはすばらしい:seikenn2009-12-30 21:00:15
  • いいんじゃないと思ったけど、65%は多いのな。自分が設けるための手段というよりも、インフラなんだと思う。Google の書籍コピーよりも良い気がするんだけどどうだろ。:eu-ro2009-12-30 20:47:21
  • Wikipedia見てみたが、利用者の声はあまりよく無いようだ。ビジネスモデルばかりが喧伝される例ではセカンドライフが有名(悪名?)だが、その轍を踏むかも/日本語の場合、フォントデータ容量&縦書き対応の問題が…。:guldeen2009-12-30 20:32:41
  •  業界・個人ともに競争必至。低いリスクと目の前の利益に飛びつきやすい。:Mr_Shinkichi2009-12-30 20:21:12
  • 詐欺っぽい問題も起りそうだけど、その辺りの対策はどうなっているのだろう?:p_wiz2009-12-30 20:19:39
  • iphoneのappstoreといいkindleといい才能のある人が金を稼げる時代になったのね:a2de2009-12-30 20:15:44
  • [出版]:ippai_attena2009-12-30 19:47:57
  • 書籍の実売率分かってるのかなぁ 1000円×3000部×卸率70%×実売率60%=126万円が現実。印税10%っていうけど、出版社の売上げから考えれば24%が著者の取り分。印税35%から宣伝費引かれて、いったいいくら残るんだよ。:kappei2009-12-30 19:37:35
  • 日本だと情報商材があふれたり、ってことにならないことを願う:hiro73732009-12-30 19:28:48
  • 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:mickn2009-12-30 19:22:32
  • Kindleってすごいんだね:kiyoshi12112009-12-30 18:37:31
  • Kindleそのものが普及するかはわからないけど、Kindleのようなデバイスで読む時代は来るだろうな。小売・流通、印刷・製本、出版社の多くは整理されるんだろうなあ:ahmok2009-12-30 18:28:54
  • AppleがiSlateを急ぐ理由。RT @Implanta: RT @xev_ra: 本には手触りを楽しむものと内容を楽しむものがある。ただ、ニーズとしては前者は極微量なので早晩殆ど電子書籍になるだろう。出版社もTV局と同様縮退は避けられな→:dgwingtong2009-12-30 17:59:10
  • 来年ぐらいには「Kindleは儲からない論」が流行する気がしました。iPhoneアプリのときと同じような持ち上げ方だなぁ…。なんか凄そうだとは思うけれど:ming_mina2009-12-30 17:54:21
  • 通信料をamazonが持つとしても、iPhoneアプリにおけるappleの取り分が3割というのと比較すると…来年でるらしいappleの大型タッチパネルのアレがどう出るか?:T_Tachibana2009-12-30 17:48:36
  • 電子出版試算の参考に/文字だけの書籍もあれば図表満載の本もあれば掲載許諾など面倒な編集が必要なものがあるからな/同人・自費出版向きで玉石混合な状況になりそう/65%は通信費+膨大な購入履歴DBサーバ管理費:fatpapa2009-12-30 17:39:21
  • 情報の受け手の判断力がますます問われるわけですね:KikiSea2009-12-30 17:27:38
  • 著者買い上げとか、どうなってるのかな。:kuzan2009-12-30 17:21:59
  • Amazonが65%も持ってくのか。でもそこから通信料とか支払って……無条件で儲かるのって通信会社じゃね?:hanzo222009-12-30 17:18:24
  •  印刷技術の発明に並ぶ、強烈なインパクトをもたらす事を期待。:tmsbb2009-12-30 17:12:28
  • うーん。35%もらえても宣伝費は自分で出さないといけないから、結局従来の印税にあたるのは7%ぐらいになるのではと…:yasyas2009-12-30 17:11:51
  • blogが登場したときに通った道。:inamenai2009-12-30 17:09:34
  • Link: 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:ukky32009-12-30 17:01:57
  • 京極みたいなレンガ本を持ち歩くのは大変なので、早いところ日本語版も展開してほしい。:ones-inch2009-12-30 16:41:56
  • 問題はだれでも出版できることじゃなくて自費出版にはPR方法がないってことで、個人というノイズが増えるほどPRは難しくなるよ。:raf002009-12-30 16:41:16
  • 今ある日本の電子書籍が高すぎるんですよね。 http://www.papy.co.jp/ とかヤフーコミックとか有名どころはじめ全て、普通の、印刷された本と変わらない値段。 値下げのカンフル剤になることを期待。:itochan2009-12-30 16:36:55
  • 本には手触りを楽しむものと内容を楽しむものがある。ただ、ニーズとしては前者は極微量なので早晩殆ど電子書籍になるだろう。出版社もTV局と同様縮退は避けられない。ありがとう出版社そしてさようなら出版社:xevra2009-12-30 16:22:21
  • 『一般的にまともに自費出版をしようとすると約200万円ほど必要といわれている。それが電子書籍…:invent2009-12-30 16:21:53
  • 35%…(;・`д・́)...ゴクリ...(`・д́・;):rna2009-12-30 16:08:47
  • 中間業者=代理店は不要ですから。。。 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:shuri4192009-12-30 16:02:27
  • んで、読むに値しない駄文が世界に氾濫すると / 開けてはいけないパンドラの箱くさいけど、避けては通れんのだろうなあ / 編集者通さずに出して、結局失敗した漫画雑誌もあったっけ:mizukemuri2009-12-30 16:02:14
  • どうも可能性を感じないな、今のところ。:n-yuji2009-12-30 15:56:36
  • 俺の周りで電子書籍を嗜んでいるのはいないが……。:mitarase2009-12-30 15:51:00
  • 音楽業界でいうCD→音源配信の流れと同類?コンテンツが媒体の形を変えて普及。本で売れるものと、配信で売れるものがやや違くなっていきそう。:sudochin2009-12-30 15:49:16
  • "電子書籍は出版会社にとって諸刃の剣だ。著名なベストセラー作家や漫画家,アルファブロガーなどが出版社の力を借りずに独自ルートで電子書籍を販売する日は近いだろう":takunama2009-12-30 15:36:41
  • アマゾンの取り分65%の多さを指摘する人は多いけど、これにはアマゾン負担の通信料が含まれてるよね。その上でどれだけおいしいのか計算した人いる?:amemorandum2009-12-30 15:36:14
  • 出版会社危機すぎ!Amazonの取り分の多さは個人メリットで淘汰…? RT @knnkanda これは必読! 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:ITmedia:lovinw2009-12-30 15:30:53
  • 卸値じゃなくて印税と書く釣り。あと文中の例でも、$11.6×10%=$1.16、$2×35%=$0.7 で電子書籍の方が儲けが少ないんだけど。:worris2009-12-30 15:15:21
  • 登録内容は,(1)書籍の基本情報,(2)書籍の販売地域と販売条件,(3)書籍データのアップロード(データは自動変換される),(4)書籍の価格 の4つ/一冊あたり2000円程度http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/20091230/1262180974:hisamichi2009-12-30 15:09:47
  • 可能性を感じる.:sakahashi2009-12-30 14:52:50
  • やってることはiPhone App StoreとかVectorシェアレジとか同人DLなんとかと変わらないのに扱う商品が「書籍コードが入った書籍」というだけで販売手数料を65%も取ってても回るというマジック。在庫リスク無いのに。:s-tomo2009-12-30 14:51:34
  • 凄い・・・1冊当たり5100円以上売れれば+か。これによって更に個人の情報が氾濫するようになるか、今現在氾濫している情報の質が向上するか・・・。日本の出版業界がこれで動こうとしないなら完全に食われそう。:mugibit2009-12-30 14:45:36
  • Amazon儲かるなぁ。:keloinwell2009-12-30 14:35:37
  • Amazon儲かるなぁ。:kelokelo2009-12-30 14:35:37
  • ちょっと本書いてくる:taku-o2009-12-30 13:46:34
  • 「衝撃」「驚き」の文字が織り込み/自費出版についての調査提案は優秀。優良コンテンツが世に出ることに。代行業もできるかも/紙の本の宣伝になればよいが負に働くと特に製本で大量の失業者が。印刷は半導体へ?:nozomi_private2009-12-30 13:29:45
  • マジで!? 日本でも音楽に続いて書籍の電子配信が進む予感…:kimuta2009-12-30 13:23:19
  • へぇ。同人が出回るのもそんなに遠い未来じゃない?:RRRQ2009-12-30 13:22:38
  • 印刷業界大打撃の新たな市場。ある意味印刷業界もこの流れに乗ればいいのか。:Chisei2009-12-30 13:19:44
  • 普通は10%弱:nekotekikaku2009-12-30 13:08:41
  • 既に名前が売れていてInDesignで入稿する著者くらいしかメリットなさげだな。京極夏彦か。/出版社がやっている仕事を全部著者がやれば、取り分が増えるのは当たり前のこと。:pho2009-12-30 13:02:09
  • 既存の本のコストとかもいろいろデータ書いてて興味深い。:iga_k2009-12-30 12:55:05
  • アマゾンに65%かー。すごいな。RT 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ (51 users):double-y2009-12-30 12:31:55
  • いいね。:napoleonfishlion2009-12-30 12:29:37
  • 自費出版詐欺がニュースになるほど、本を出版したい人は沢山いるから、誰でも出版できるよう簡単になれば、アップストアぐらいの規模に急成長するかもしれない。:xucker2009-12-30 12:24:14
  • RT @namikawa: これは可能性が広がる。Reading: 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:kozai2009-12-30 12:06:13
  • 勢いでお試し登録ってのもできてしまうくらいのお値段だ。:katow2009-12-30 11:54:45
  • これはすごいRT @namikawa: これは可能性が広がる。Reading: 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ:syuu12282009-12-30 11:53:49
  •  これは可能性を感じる "Amazonでの電子書籍登録がオンラインで誰にでも可能":caliburn2009-12-30 11:49:34
  • アマゾンkindle 電子書籍:taroshin772009-12-30 11:41:02
  • この記事におお!と思う人は、それを読み手として読んでいるのか、書き手として読んでいるのか。:mayumiura2009-12-30 11:25:51
  • やっと本もここまできたか:fushimatsu2009-12-30 10:59:59
  • amazonの取り分を見るに、プラットフォームを持つ有利性が。:tacticslife2009-12-30 10:48:41
  •  ちょっと興味ある:kanoru2009-12-30 10:46:24
  • よくわかんないけど同人誌よめるの?ねえそうなのおとーさん?:qnighy2009-12-30 10:37:37
  • 「一般的に印税は書籍価格の7-10%程度だが,Kindle Booksでは35%が出版社(個人で出版する場合は著者)の収入」←Amazonという巨大ポータルの利点も考慮すると、物書きは有料ブログをやるよりAmazonで電子書籍の方が良いかもね:mame-tanuki2009-12-30 10:20:34
  • おしえてあげなきゃ:niseissa2009-12-30 09:58:09
  • 良いことだと思うけれど、複製の問題とどう付き合っていくかってのはあると思う。もっとも、今の時代、印刷物だろうとあまり関係なくなってきてはいるけど。:gamil2009-12-30 09:36:09
  • 「Amazonでの電子書籍登録がオンラインで誰にでも可能だ」「一冊あたり2000円程度,ごく簡単な手続きで本が出せる時代になったのだ。」ref: http://twitter.com/worris/statuses/7187482526:xiaodong2009-12-30 09:01:48
  • レコード会社と同様,出版業や書籍流通業は新たな付加価値やビジネスモデルを構築する必要性に迫られる > iTunes登録よりはるかに敷居低いから破壊力大。取次と印刷業者の生存が危ぶまれる。:georgew2009-12-30 08:02:29
  • 希望を産んでくれる:yamamotosinya2009-12-30 07:59:13
  • 「脱集約型」の流れは終わらないんだな。 まてよ、これだったら簡単に履歴に「著書」がかけるじゃないか。:andrewanderson2009-12-30 07:07:12
  • [for:@twitter]:usadamasa2009-12-30 06:10:31
  • もっと著者と読者のメリットが強調されるべき。:hidematu2009-12-30 06:01:23
  • 某同人DLサイトだと最低30%(100円で30円)、最高約76%(3000円で2300円)だったが。書籍というか、漫画とかゲームとかイラスト集だけど。:steel_eel2009-12-30 05:56:38
  • 通信料込とはいえ、anamzonの取り分は65%もあるのか。:jingi4692009-12-30 05:17:28
  • ふーむこれもしらなかった:tweakk2009-12-30 04:44:27

関連エントリ