URL

「アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン」のグラフ

アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンラインhttp://diamond.jp/articles/-/37381
月のグラフ

コメント

(2018/06/25 09:23:58 更新)
  • アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン @ZAi_Tachibanaさんから:aki9112016-05-05 21:11:30
  • お? こんな記事あったのか。これは日本でも同じ現象が起きつつあるように見えるな。文化資本格差が広まってるのだろう。:KoshianX2016-05-05 04:02:01
  • 日本もすぐにこうなる。ってかすでになってる?:A1riron2014-01-06 17:30:36
  • アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって 分断されている [橘玲の日々刻々]:beintro3352013-06-24 15:47:41
  • まさにBioshockの世界:misomico2013-06-24 13:21:56
  • アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン:riox_jp2013-06-17 09:07:29
  • リンク先は知能と書いてあるけれども、文化資本や情緒的安定も含めた広範囲な話のようだ。まず、本を買って読んでみよう。:p_shirokuma2013-06-15 17:39:03
  • 非常に厳しい言明 「馬鹿は下層階級送り」 そして下層階級は馬鹿を再生産する それが嫌なら、今の仕組みの中で「利口」になる努力をするか、仕組みをひっくり返すか:Jota_Shimazaki2013-06-15 16:59:04
  • アメリカに限った話ではなくなるのでしょう。:kmagami2013-06-14 23:37:23
  • 教育の機会の格差が収入格差となり、格差が再生産される、という古典的知見を再確認しただけでしょ?「知能による分断」と言うなら知能テストの結果を出すべき。:filinion2013-06-14 21:07:57
  • 知能というより学習機会と文化資本の差による貧困の固定化の議論にすぎないのでは。:bulldra2013-06-14 19:21:40
  • >認知能力の優れたひとたち(知識層)とそれ以外のひとたちが別々のコミュニティに暮らしていることを、郵便番号(ZIP)と世帯所得の統計調査から明らかにした。:tarchan2013-06-14 18:52:15
  • 橘さんて大勢の中から抜け駆けて「夢を実現」した人だから、言動も自然に自己実現系に似てくるんだよね。:na232013-06-14 15:30:44
  • 文化資本の格差(の連鎖)ってことなのかな。:weissbier2013-06-14 13:05:09
  • "アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン":TsutomuOnoda2013-06-14 11:12:03
  • そうなんでしょうかね。必ずしではないが多くはそうであるということですね。:seniorthinking2013-06-14 09:38:32
  • 二元論は耳に心地よいけど、実際のところどうなのかを考えるときには弱い。:medihen2013-06-14 09:32:14
  • 何が言いたいのだ?そんなの普通だし、人種で分断されるよりずっと良くないか?だいたい古き良きアメリカの価値観ってなに?:tborsa2013-06-14 05:51:11
  • 日本も変わらんが。 /自分自身、消極的に話の通じない人・下品な人の集まる場所等は回避してるが、それは悪いことかな。例えばアムウェイ信者と一緒に居る気にはならない。:nanoha32013-06-14 05:48:50
  • 『マレーは、格差社会における“強欲”な1%と“善良”な99%という構図を反転する。アメリカが分断された格差社会になのは事実だが、美徳は“善良”な99%ではなく“強欲”な1%のなかにかろうじて残されている』:a1ot2013-06-14 05:35:11
  • 要因同士の連環に思いが至らない所がこの人の限界:Dursan2013-06-14 04:33:12
  • とりあえず、この本は読んでおこう・・・。>>:fragilee2013-06-14 03:51:59
  • もともとその知能格差の根底に経済格差があって教育格差に繋がってるっていう共通認識があるからね。てか「知能」ってintelligenceの訳かな?この場合は「知識」が正解だろうね。知能レベル上げないとね。:dice6192013-06-14 03:33:32
  • その根底にあるのは、やはり「人種差別」ではなかろうか?他人を差別し、自分たちにとって居心地のいい「コミュニティー」を維持し続ける事こそがステータスな考えだから。いくら「自由」とはいっても「平等」は保証:kirishima28132013-06-14 01:16:42
  • 日本は就職面接で「勉強だけは頑張りました」というと「勉強だけの人間はいらない」と言われて終わりだからね。:ruisou2013-06-14 01:15:47
  • …でもアメリカって中流層をがっぽり持ってた頃が月にロケット飛ばしたりで、一番知的水準も高かったんちゃうんかな…と思うと分断されてる理由って金が回ってないからに尽きるような。:cleome0882013-06-14 00:55:06
  • 村上春樹も『やがて哀しき外国語』にも似たようなことを書いてた。人種差別はしないけど、住む地区による区別はあり、それは人種別になってるだったか。:taskapremium2013-06-14 00:51:26
  • 古いの一言に尽きる。アメリカで「良い大学の学位とっても就職できず学費ローンで破綻する若者があとを絶たない」って話が何年前から叫ばれてると思ってるんだ:raitu2013-06-13 23:59:10
  • 村社会に対して都市化すると話や趣味嗜好の合わない人と無理に付き合わなくて良くなる。同じような思想や価値観の持ち主同士で集まるとその良し悪しに関係なく強い正のフィードバックがかかる。そして分裂する。:gurutakezawa2013-06-13 23:51:21
  • 書評子がアレだからなあ。:y-mat20062013-06-13 23:32:28
  • 珍しくとても納得できる”アメリカ”に関する話。しかしクリエイティブな人間が集まるというわりにみ〜んな同じようなことしてるってのがアホだなと思う。:RocRoc362013-06-13 23:21:07
  • 一つの国の中に先進国と発展途上国があって先進国は見て見ぬ振りをしています、という印象を受けた。:n_pikarin72013-06-13 23:11:24
  • 選民思想だべか:qtamaki2013-06-13 23:01:14
  • この本読まなきゃ。。。世界の未来だと思う。正フィードバックがかかって富む者は富む。かつては同じ価値観の中にいたけど、これからは文化ごと分断する。ボリュームゾーンは良き習慣を身に付けられるか。:GRA2013-06-13 22:57:41
  • g:REV2013-06-13 22:40:06
  • “新上流階級はマクドナルドのようなファストフード店には近づかず、アルコールはワインかクラフトビールでタバコは吸わない。アメリカでも新聞の購読者は減っているが、新上流階級はニューヨークタイムズ…”:gogatsu262013-06-13 22:39:30
  • 黒人は馬鹿だから採らないという偏見と、どうせ勉強しても黒人は雇ってもらえないという諦めの合理的なナッシュ均衡:ita2013-06-13 22:37:55
  • 前半は類は友を呼ぶ、3P目は貧すれば鈍するという話に過ぎないと思うけど。知能と富は、鶏が先か卵が先かという印象をどうしても抜け出せない。その本を読めば分かるって話かな:KaeruHeika2013-06-13 22:33:21
  • 日本でもTVを見てマック食ってる奴らはどんどん転落していってホームレスになっていってる。貧困層に堕ちるかどうかはTVとマックで大体判断が付きそうだ。恐ろしい恐ろしい:xevra2013-06-13 22:31:15
  • アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン アメリカ社会は人種ではなく“知能”によって分断されている[:toshi196501042013-06-13 22:22:46
  • 階級Xは今こんなことになっているのかー:aliliput2013-06-13 22:21:42
  • 単純にIQと学歴が収入と相関してるならアメリカで一番リッチな人種はアジア人になってるはずなんだけど?バーカ:shimizu8082013-06-13 22:14:00
  • 教育水準の差による社会の分断か。世界共通の傾向でもあるとは思うが、アメリカは特に露骨なのではないか。:JuliusCaesar2013-06-13 22:11:08
  • シングルマザー多発問題は知能と少し違う気が。「新上流階級~テレビ~タバコ~ベガス~ディズニー~マクド~には近づかず~カナダや中米の大自然~同性愛者を差別しない寛容な都市にクリエイティブな才能」:ooblog2013-06-13 22:06:46
  • 株の売却益や銀行の利子にもっと課税してバカ野郎たちをもっと教育しろよ。1パーセントの人間が優秀でも他がダメなら国が傾くぞ。:zilog802013-06-13 21:53:09
  • マレーの本を読んでてみてからブコメしろ、っていう話か。:hisamura752013-06-13 21:44:35
  • とは言え日本でもどこでも、世界はずっと分断しているし階層化し続けていると思う。:mantol2013-06-13 21:32:17
  • 『IQについて言うと、(中略)収入の差はほどんどない』(id:entry:146060822)との研究もある。学歴と職種の違いを知能の差とするところがゴマカシ。社会の不公正の責任を個人の能力に転嫁しようとする意図を感じる。:yoko-hirom2013-06-13 21:16:40
  • 紹介されている書籍で指摘されている点を危うい言葉で言い換えるとこうなる、ということなんじゃないかと思った。:NOV19752013-06-13 21:14:07
  • 先天的な知能は人種差はないと証明されている。しかし奴隷制をひきずる教育格差によって、親の学歴の格差が世代を超えて受け継がれる。これを固定したがるのが保守派で、改善したがるのがリベラル。/これ基礎知識。:blueboy2013-06-13 21:13:30
  • ≫ アメリカの経済格差は知能の格差だ。:hino6662013-06-13 21:05:22
  • 貧困の固定化ですか:neco_pong2013-06-13 21:01:07
  • ふーむ:jt_noSke2013-06-13 20:52:41
  • 類は友を呼ぶ。:k_oniisan2013-06-13 20:38:09
  • 日本でも「頭の良い人と話す事にプレッシャーを感じる人」と「頭の良し悪しを極端に人の評価基準にする人」との断絶は確実に起こってますね。後者は世の中の運営はこなせるが、前者を忌み嫌う余りニーズが読めない。:takass322013-06-13 20:30:33
  • そりゃそうだ。知能と言うからヒス起こす奴が出てくるが、思考や品が同じレベル同士じゃないと居心地も悪いしトラブルになるもんな…:ottyanko2013-06-13 20:22:43
  • 貧富の格差が拡大ので他の格差も広がっていくが、教育も例外ではないということだよね。アメリカの高等教育は一流だが、初等・中等教育は崩壊しかけていると聞いているんだけど、どうなんだろう。:Okaz2013-06-13 20:04:27
  • なんとなく分かるわ、その感覚。:skymkt2013-06-13 20:03:56
  • その本自体は面白そうだけど、なんで人種問題を慎重に回避した書籍の紹介記事が無邪気に人種問題を取り扱ってんの?:nowa_s2013-06-13 20:02:42
  • id:guldeen 買い物をするときに端数を小銭で払うと「どうせ計算できないんだろ?www」と侮辱したことになるとかなんとか。:GEGE2013-06-13 19:49:50
  • 九九どころか、お釣り(チップ抜きで)の計算すらマトモに出来ない人がゴロゴロしてるんだっけ?>米国。:guldeen2013-06-13 19:35:24
  • 1)「知能」が所与の指標になってるけど偽相関の可能性はないか。2)貧困→社会倫理の瓦解という見立て(ブリンジ・ヌガグ?)の中で、UKカルスタ的な主流秩序に抗する倫理・徳の可能性が見落とされてないか。読もう:muchonov2013-06-13 19:21:03
  • うーん幸福って:uoz2013-06-13 19:20:10
  • ここで思い出さなきゃいけないのは、古き良きアメリカの労働者階級には、信仰もモラルもコミュニティもあっただろうこと。結局根っこのところは経済格差、貧困、再配分の問題だという気がする:Cru2013-06-13 19:06:51
  • 親よりもちょっとでも子供が頭が悪ければ足手まといになるのが資本主義。バカフェミ「社会が悪いから産めない」は『アタシはDQNじゃない』自慢にしかならないし「障害児怖い」は児童ポルノ(性奴隷)を増やしてるだけ:Midas2013-06-13 18:46:17
  • ①橘玲は「学問のすゝめ」の冒頭を知らないのか?②教育不足で知識や教養が不十分な状態を「知能が劣る」と表現するのは適切か?③黒人がいないと「知能の低い人が排除された」と決めつけるアジア人の知能は高いか?:Akimbo2013-06-13 18:28:18
  • "チャールズ・マレーの『階級「断絶」社会アメリカ』(草思社)":moronbee2013-06-13 17:54:49
  • ロシアで医師免許を取得しアメリカに移り住んだインテリお父さんは自動車工にしかなれず失意のうちに帰国した。息子達はアメリカを憎みボストン・マラソンを爆破した。/お父さん医者じゃなくて弁護士でした:hasiduki2013-06-13 17:42:06
  • 知能が劣り、カネがない人々の所には、コミュニティも美徳もなく、彼らの社会は荒れ果てていく。:sekirei-92013-06-13 17:25:40
  • 「新上流階級」は他人から何を奪ってそこにいるのか、という問いはそもそも成り立つのかどうか、とか考える。:rgfx2013-06-13 17:21:47

関連エントリ