URL

「WIRED.jp」のグラフ

WIRED.jphttp://wiredvision.jp/blog/masui/201012/201012141330.html
月のグラフ

コメント

(2018/06/25 13:37:37 更新)
  • 練習するときにこれを意識すると励みになるかも。:outland_karasu2011-05-30 23:04:04
  • 凄まじい実験wwwww:esper2011-05-01 08:22:08
  • 東京工業大学名誉教授の木村泉氏は、練習量と上達の関係を定量的に評価。吉澤章氏の「創作折り紙」で紹介されている「みそさざい」という作品を15万回折り続け、かかった時間がどのように変化したかを記録。冪乗則。:Gln2011-02-17 06:30:06
  • 「たとえば2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、2×2=4倍上達するのに100×100=10000回の練習が必要」なるほどねー:orangewind2011-02-14 13:03:15
  • ものすごい時間と手間のかかってる実験。これだけやっても、スランプというか成果がでないことがあって、それでも続けていくと最終的に結果が出るのか。これを知ってれば、少しは心が折れにくくなれそう。:tatsunop2011-02-12 20:37:26
  • 第50回 練習の効果:otomoc2011-01-26 16:34:50
  • 「その後で多少スランプが続いたとしても「脳の中で試行錯誤が行なわれているのだ」と解釈して練習を続ければ、」:HISAMATSU2011-01-12 10:00:07
  • 個人や機械学習の上達に冪乗則が成り立つなら、たぶん人類全体の生存の上達にもやっぱり冪乗則が成り立つんじゃないか。「スランプ」を超えればやがて再び羽ばたける。いつかは銀河系いっぱいに広がれる。かもね。:KimuraShinichi2010-12-25 00:58:12
  • 小説で言えば書いて書いて書きまくれってことですかね。しかし冪乗則って言葉初めて知った。:ruisou2010-12-22 22:11:45
  • 15万回という数だけでなく、それ回数分の記録を採ってるところがまた、スゴイ。それにしても、上手くいかない時にスランプだと思っているだけでだいぶ違う。:rdera2010-12-21 22:51:28
  • これを読むとダーツもあきらめちゃダメだって事っすよね?:iwazer2010-12-21 19:15:44
  • 15万回って..一日100羽折って丸4年かかる計算...:sleepy_yoshi2010-12-20 13:01:53
  • 興味深い。。。:jun-sky2010-12-20 07:43:58
  • なるほど。独学で勉強するときの参考に。:myama022010-12-19 21:18:09
  • すごいデータ!:kazuph19862010-12-19 20:28:28
  • おれはエビングハウスに、なるっ!!:Hidemonster2010-12-19 15:09:27
  • /練習効果はべき乗の法則:tkya2010-12-19 11:06:27
  • 初期の上達ぶりは凄い。回数を重ねるほど効果が上がりにくくなるが、それでも着実に効果があがっている。:gidooom2010-12-18 20:37:39
  • 練習すればするほど上達するのが結果に出ていて面白い:kompiro2010-12-18 18:13:54
  • "練習回数と上達度は巾乗則に従う""スランプの時期がある""値の揺れのパタンがある":shiumachi2010-12-18 16:18:47
  • 野村さんにみせてあげたい:chinu48cm2010-12-18 16:07:22
  • すごい。の一言:ken45002010-12-18 11:47:08
  • もっと複雑な物事ではどうなるかわからんけど練習の成果はべき乗に比例するということで:twainy2010-12-18 11:13:42
  • 上達曲線:takhino2010-12-18 00:06:19
  • まさしく『継続は力なり』が証明された、と。しかし15万回とか凄過ぎる・・・:Mistfeal2010-12-17 22:46:27
  • SC2でこのグラフ書いてみたい。総合順位がわかればいいのか。:hitsuji_62010-12-17 19:10:18
  • なるほど。絵を描いてると、こういう上達の波って如実に感じる。:seotch2010-12-17 18:12:21
  • 「練習」→「折り紙を折るスピード」 話を単純化した事で面白い成果が。:aienstein2010-12-17 15:18:50
  • この努力はすごい:yuyushirai2010-12-17 13:37:00
  • へー、やっぱりたくさん練習すればそれだけ上達するんだー…とか言って休んでる人はさっさと練習に戻るんだ:wdnsdy2010-12-17 13:12:52
  • なんでこういったことになるのか、説明できないもんか。:PREFAB2010-12-17 13:01:59
  • 縦軸の目盛も対数っぽいんだけど、実際の数値と単位はどうなってるんだろう。:hakasegawa2010-12-17 11:31:43
  • 回数がぱねぇ。。。『折り紙・・「みそさざい」という作品を15万回折り続け』:takuya_1st2010-12-17 10:54:35
  • 上達はべき乗というすごい実験。苦手なものについては、ラーニングカーブを、いかに体感するかということですね。:sutebuu2010-12-17 10:37:03
  • 練習とスランプ。1万回から2万回の停滞に注目。今までの練習量の2倍だから、普通は才能無いと諦めるな。:umakoya2010-12-17 09:32:30
  • 上達してないと思っても継続が大事。成果出る。:koujio0o2010-12-17 01:39:12
  • 、一度でもうまくいったことがあるならば、その後で多少スランプが続いたとしても「脳の中で試行錯誤が行なわれているのだ」と解釈して練習を続ければ、一定期間後にスランプを脱出できる可能性は高いでしょう。:jacoby2010-12-17 00:42:50
  • え!?>「木村氏は、吉澤章氏の「創作折り紙」という本で紹介されている「みそさざい」という作品を15万回折り続け、折るのにかかった時間がどのように変化したかを記録しました」:sucrose2010-12-16 22:05:52
  • 非常に興味深い記事をありがとうございます。:pyjjs2222010-12-16 19:43:44
  • 15万回・・・:tyage2010-12-16 19:22:41
  • これ、すげー。よく実証してみたな。確実に練習して行けば、必ず身につく。:munetak2010-12-16 18:26:07
  • "東京工業大学名誉教授の木村泉氏は、練習量と上達の関係を定量的に評価したいと考え、大量の折り紙を自分で折るのに要する時間を計ることによってその関係について考察しました。" 第50回 練習の効果 | WIRED VISION:symphonicworks2010-12-16 17:41:18
  • 第50回 練習の効果 | WIRED VISION:tkhs_tks2010-12-16 17:25:26
  • よくいわれることの実証:nakanushi2010-12-16 16:48:41
  • スランプとその克服を科学的に実験:tmksStyle2010-12-16 16:43:54
  • 1回1分とすると、1日8時間折り続けて312日…:n-styles2010-12-16 16:11:51
  • みそさざい(×150000)「継続は力なり!」:hvc-0012010-12-16 15:44:13
  • すげー。これはおもしろすぎる。:fnm2010-12-16 15:12:53
  • ということは例えば+10%みたいな目に見える効果を得るには、これまでに費やした時間に比例した量の努力が必要なのか。「Oulier」で紹介された一万時間説もこのあたりと関係あるかも。:uzusayuu2010-12-16 14:40:45
  • 急速に上達したと思っても揺り戻しのようにスランプ状態になっている場合が何度も観測され、周期的にギザギザしたグラフになっています。揺れのパタンははっきりしませんが、フラクタル的な性質を持っている可能性も:octavarium2010-12-16 14:20:51
  • イグノーベル賞的検証結果、練習の成果は確実に出ますという心強い結果である。:reachout2010-12-16 14:19:08
  • 何かの練習を始めるとき、最初のうちは上達が実感できるものの、続けるうちに上達の速度が落ちたりスランプに悩んだりすることは誰もが経験することだと思います。 ワインバーグの名著「ライト、ついてますか」など:matsubobo2010-12-16 14:16:35
  • 「2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、2×2=4倍上達するのに100×100=10000回の練習が必要」/イグノーベル賞ものな研究:sekirei-92010-12-16 12:59:29
  • この実験結果はとても興味深い:toteri2010-12-16 12:58:38
  • べき乗則に従うものはたくさんあるが、結局、ランダムに数字を掛け合わせるような操作が入るとなんでもべき乗則に従う分布になってしまうので、何の意味もない(要するに単なるランダム)って話じゃなかったっけ。:steel_eel2010-12-16 12:48:11
  • おもちろい。スランプはくるものだって思おう。|折り紙15万回もすごいけど、もし時間計る人が別にいてしかも一人だけだったらと思うとぞっとする。:tetzl2010-12-16 12:33:34
  • 15万回ってすごいな。:yukihir02010-12-16 12:29:32
  • 練習回数と上達度は巾乗則に従う:J-Dog2010-12-16 12:23:08
  • 練習の巾乗法則:samejima2010-12-16 12:08:27
  • 凄い!:hiyang2010-12-16 11:23:23
  • スランプになったときの励みになるかも:onchord442010-12-16 10:30:28
  • 351 15万回の訓練というのがすごい。:hyoshiok2010-12-16 10:10:33
  • おもしろい。練習回数と上達度はべき乗則にしたがう。が、定量的に示されている。:kanouk2010-12-16 10:07:08
  • 中長期的には上達していくが、局所的には上達速度はランダムであり、それを「スランプ」「脳の中の試行錯誤の時期」と後付解釈しているだけ。単なる統計的な数値の偏りを「ツキ」「流れ」と解釈するオカルトと同じ。:Outfielder2010-12-16 09:53:39
  • STGやってるとマジ実感するわ:shinimai2010-12-16 08:51:29
  • 10万回折り紙折ってる時点でもうなにかの賞をあげたはほうがいい:toriaezu2010-12-16 08:27:50
  • どんなものにもスランプがあって、それは次へ進むための試行錯誤している状態、と考えるとやる気が保てそう。んでも適性はあるよ、みたいな。:fugashi2010-12-16 06:45:25
  • ノーベル努力賞を差し上げたい:napsucks2010-12-16 01:55:15
  • 練習の効果:kingqwert2010-12-16 01:43:26
  • グラフをよく見たら、7万回あたりから終わりまでトレンドが悪化…心が折れちったのかな…:sea_side2010-12-16 00:45:04
  • まさにリアルMMORPGの世界・・・:crosscrow2010-12-16 00:17:24
  • 15万回だと... →"木村氏は、吉澤章氏の「創作折り紙」という本で紹介されている「みそさざい」という作品を15万回折り続け、折るのにかかった時間がどのように変化したかを記録しました。":TaKUMA2010-12-16 00:04:49
  • 折り紙を折るといった単純な「運動」であれば上達の巾乗則が成立するのかもしれないけど、絵とか音楽のような複雑な認知活動についても同じことが言えるのだろうか?:TYK2010-12-15 23:38:05
  • 認知科学大好きなんです!:Kmusiclife2010-12-15 22:58:19
  • >折紙時間を縦軸に 試行回数を横軸 ①回数と上達は巾・べき乗則に従う 2倍上達するのに百回の練習が必要なら、2×2=4倍上達するのに百×百=1万回の練習が必要 ②スランプの時期が有り、脱出すると一気に上達が進む:login3332010-12-15 22:49:47
  • 上達の道は厳しい。繰り返す事が必要。言い訳ばかりじゃ上達はしない:Journey2010-12-15 22:03:49
  • 練習回数と上達度は巾乗則に従うが、上達とスランプの揺れが発生する。:adsty2010-12-15 21:46:45
  • 上達:paranoise2010-12-15 21:36:20
  • なんか勇気がでてきたかも。:ebibibi2010-12-15 21:16:16
  • 2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、4倍上達するのに10000回の練習が必要:mintpafe2010-12-15 21:03:33
  • ・2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、4倍上達するのに10000回の練習が必要 ・スランプの時期がある ・値の揺れのパタンがある:blueribbon2010-12-15 20:33:24
  • アルゴリズム:zilch12232010-12-15 20:22:54
  • 「たとえば2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、2×2=4倍上達するのに100×100=10000回の練習が必要だということになります。」これはウンザリするな。:grizzly12010-12-15 20:11:39
  • "作品を15万回折り続け"<これはすごい。:hemm2010-12-15 19:52:05
  • こんなデータを見せられたら、自分に対してそうやすやすと十分努力したとか、練習したとか思えない……たとえそれがみそさざいだとしても。:manganzenseki2010-12-15 19:33:30
  • 『努力した者が全て報われるとは限らん。だが成功した者は皆すべからく努力しておる! 』という言葉の意味がはからずとも証明。ある一定以上の努力に見切りを付ける為のコスト換算思考もまた大切ということも証明:testa_kitchen2010-12-15 19:07:57
  • スランプの時に読むべき:spilling2010-12-15 17:58:29
  • ”スランプの時期が必ずある”←プラトー現象?http://d.hatena.ne.jp/wander1985/20100901/1283325780/それにしても、本当に自分でやっちゃうんだからすげえな…/”巾乗”ってのは知らんかったので覚えておこう:wander19852010-12-15 16:34:07
  • 「継続は力なり」はやっぱり真実。:yanataku72010-12-15 16:12:26
  • 15:lespaulgroove2010-12-15 15:58:11
  • これは見たことない。すごいと思う。:cpw2010-12-15 15:38:17
  • 上達すると一足飛びに上手くなるってのは幻想だったのか:Shinji_0412010-12-15 15:01:33
  • "2倍上達に100時間なら、4倍上達には100x100=10000時間必要な「べき乗則」 // 何度も「揺り戻し」の時間がある":tomisyura2010-12-15 14:37:58
  • 練習の巾乗法則:mickn2010-12-15 14:26:43
  • 練習回数と上達はべき乗の法則に従う。成長を感じないスランプ時にも裏で脳が学習していてスランプを抜けるとまた成長する。一度でも上手くいったならスランプが来てもまた成長する。欠かさず継続:LukeSilvia2010-12-15 13:44:46
  • 学習曲線の巾乗則とスランプのフラクタル的出現。:georgew2010-12-15 13:33:12
  • 「スランプの時期がある」上達しなくても、そこで諦めないことが大切。:bizkatu2010-12-15 13:33:02
  • 1万時間の法則に似てる:ruedap2010-12-15 13:15:16
  • 2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、2×2=4倍上達するのに100×100=10000回の練習が必要:paul_oguri2010-12-15 13:14:49
  • 実験:折り紙を折る早さの記録。上達曲線。技量はべき乗則で上達していく(技量が2倍上がるのに10時間かかったとしたら、2^2倍上がるのには10^10時間かかる)。プラトーの段階がある。:yuiami2010-12-15 13:11:08
  • 練習の効果には「練習回数と上達度は巾乗則に従う」「スランプの時期がある」「値の揺れのパタンがある」という特徴が有ると:mahbo2010-12-15 13:07:09
  • おもしろい!:kanemu1117nc2010-12-15 13:02:05
  • スランプ=脳の中で試行錯誤が行なわれている:hogetahogeko2010-12-15 13:01:26
  • 非常に面白い。:k_static2010-12-15 12:55:02
  • 15万羽のミソサザイはどうしたのか気になる:youz2010-12-15 12:33:45
  • "たとえば2倍上達するのに100回の練習が必要なのであれば、2×2=4倍上達するのに100×100=10000回の練習が必要だということになります。":aroma_black2010-12-15 12:22:48
  • 練習の重要性がこれでもかと言わんばかりに出ている。:todogzm2010-12-15 12:12:55
  • アルゴリズムでもスランプになるのがおもろいな:u1tnk2010-12-15 12:10:14
  • 少なくとも手作業の習熟はべき乗則に従うようだ。折り紙を15万回折るとか…!!:suikyo2010-12-15 11:56:51
  • 折り紙を15万回折って、その成長を計測。上達やスランプの波など、どの分野にも応用できそうで興味深い。:dayotan2010-12-15 11:51:35
  • べきじょうそく!:rhosoi2010-12-15 11:27:10
  • 爆風スランプ:ftype2010-12-15 11:17:46
  • これはもの凄い説得力をもって迫ってくるな。なんでも諦めずに練習を続けることが重要。学習はべき乗則に従うため100回練習して到達した地点の倍になるには1万回の練習が必要。スランプの時期が必ずある。:stealthinu2010-12-15 10:43:07
  • これはすごい。練習効果とスランプ:kagakaoru2010-12-15 10:22:07
  • ”巾乗則を信じていたならば必ずスランプを乗り越えられると期待できたでしょうし、スランプ脱出の時期も大体予測できたから実験を続行できたのかもしれません”:jamais_vu2010-12-15 10:13:47
  • 素晴らしい研究「木村氏は、吉澤章氏の「創作折り紙」という本で紹介されている「みそさざい」という作品を15万回折り続け、折るのにかかった時間がどのように変化したかを記録」:raitu2010-12-15 10:00:53
  • スランプのときはあえて練習をやめ、他の技術の習得をするようにしている。すると久々に戻ってきた時は意欲も高いためか、スランプにハマらない:sabro2010-12-15 09:51:21
  • abworks: これは貴重なデータ。自分の実感とも合う。:takets2010-12-15 08:49:28
  • 15万回も折り紙なんて気が狂う:kenchan32010-12-15 07:06:25
  • 「練習の巾乗法則」おもしろい。:kdmsnr2010-12-15 04:03:32
  • 練習回数と上達度は冪乗則(Power Law)に従う。一度でもうまくいくなら「脳の中で試行錯誤が行なわれているのだ」と解釈し練習を続ける。:SFukakusa2010-12-15 02:56:22
  • 「木村氏のデータでは1万回目から2万回目までほとんど上達がみられていません。これだけスランプが続くと嫌になりそうなものですが、巾乗則を信じていたならば必ずスランプを乗り越えられると期待できたでしょうし」:heis1012010-12-15 01:05:18
  • べき乗則 スランプ フラクタル:youpy2010-12-15 00:03:06
  • 上達したりしなかったりを続けながら最適化が進む様子。:raimon492010-12-14 23:21:13
  • すごい測り方だな。15万回って。:zorio2010-12-14 20:32:25
  • ワインバーグはピンボールのスコアを例にしていた覚えが。:gunzyou2010-12-14 20:10:48
  • 人間の上達曲線にも計算機の学習曲線にもパタンが存在するのであれば、これをうまく活用する方法が考えられるでしょう。たとえば何かを練習しているとき、一度でもうまくいったことがあるならば、その後で多少スラン:uk-ar2010-12-14 18:30:53
  • 練習量と上達度にはべき乗則がある。 "第50回 練習の効果 | WIRED VISION":toshikaz552010-12-14 17:44:55
  • "作品を15万回折り続け" これはすごい。:mas-higa2010-12-14 17:18:06
  • 15万回も折って確認したのか。:hengsu2010-12-14 17:16:33
  • 興味深い。:iwadon2010-12-14 17:08:38
  • 第50回 練習の効果 | WIRED VISION:kensuu2010-12-14 17:07:12
  • 15万回凄い。/一日休むと取り戻すのに二日かかるとか,の実証はないのだろうか?:taro-r2010-12-14 16:24:16
  • ゴルフのスコアとかもろこんな感じ~:airj122010-12-14 16:05:45
  • 15万回! 何年かかったんだろう / 100時間・1000時間・10000時間ってのも良く言われますね。最低1000時間、プロを名乗るなら10000時間。:zu22010-12-14 15:51:19
  • 自分自身を育ててくれた折り紙への限りなく大きな恩。自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが ―― 一日一千羽、感謝のみそさざい!! 山を降りたとき木村のみそさざいは音を置き去りにした:ssuguru2010-12-14 15:39:18
  • 武術の練習も先生に伺ったかぎりは同じ。 RT @svnseeds: これは良い。実感的にも納得できる。「練習の効果」:nomurahideto2010-12-14 15:23:03
  • おもしろい:hitode9092010-12-14 14:10:44

関連エントリ