URL

「「知っている」ということと「解っている」ということの越えられない壁 - Keep Crazy;shi3zの日記」のグラフ

「知っている」ということと「解っている」ということの越えられない壁 - Keep Crazy;shi3zの日記http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20090304/1236180285
月のグラフ

コメント

(2018/06/25 22:50:53 更新)
  • あー、もう。ずっと「何だか気持ちが悪い」そう思っていたことが、なんだかスッキリしてきた気がするw:mitihydrangea2009-03-25 12:39:13
  • 知っているし、解っていても、それを伝える力が足りない事がよくある。本当に歯がゆい。:Sousui11252009-03-21 03:20:20
  • 自分のものとして咀嚼してはじめて言葉を使うことができる:irasally2009-03-11 18:11:21
  • 知見 インターネット 情報 理解:ussy002009-03-09 01:09:09
  • 最近こういうことをよく考えてる / でてくる言葉の裏に膨大な「解っている感」が感じられないと説得力がない / ちなみに解ってなくても解ってるように伝える力が必要な場面は多い:loca19822009-03-08 09:57:25
  • 壁を乗り越えてもまた新たな壁があって、そのずっとむこうのことを考える:yrgnah_yats2009-03-07 23:28:18
  • この辺って話し方だけでもずいぶんと相手の印象が違うものだなと思う。あたかも俺は知ってるぜみたいな話し方する人はあまり好きになれないしねぇ。:itboy2009-03-07 01:10:38
  • 知っているだけで解っていないことを‘自覚’できる機会の乏しさ。:makou2009-03-06 22:29:25
  • 「童貞期が長い奴はいいクリエイターになれる」的な話もある:phk2009-03-06 21:03:21
  • 『ロバが旅に出たからといって、馬になって帰って来る訳じゃない』ということか。誰もが聖書や古典から引用して即座に話せる攻殻機動隊の世界が現実になったと思ったら、想像よりもだいぶショボかったというお話。:moons2009-03-06 20:26:05
  • 一方で「説明書も読まずビデオ予約が出来る・ケータイの機能が使える」子供と「取説読んでも使えない」大人の差があったり。前者は「理解は出来てるが説明が出来ない」後者は「操作体系の概念が理解できない」。:guldeen2009-03-06 18:52:54
  • 試験をする上で、チューリングテスト的な発想が必要になるということ?と、「チューリングテスト」を知っている(つもり)だが、解っていない私が書いてみる。:blackdragon2009-03-06 18:23:07
  • 英文の例があるが、引っかかってるわけでなく、単なる英語力か基礎知識の差にしかみえない。用語にしても意味が合っていればそれでいい。例示とはいえ、たかがブルーオーシャン戦略程度の言葉に何故過敏になれるのか:adatom2009-03-06 18:10:21
  • 「知識」と「知恵」の違いみたいなもんか。/ でも、ネットでは、「解っている」つもりで、ただ「知っている」だけの人が、デカい顔で偉そうに講釈たれてるのが散見されますよねwww:tororo-imo2009-03-06 17:41:21
  • 「知っていても使うことができない」ということをうまく説明されていると思う。:NAMEOVER2009-03-06 16:43:10
  • 今の教育が「知っている」を重視している事が問題だと思う。フィンランド等の学校では「知っている」事を前提に「解る」為に意見を求めたり議論する教育方針だ。この方針は教育者が"解っている"事が重要になる。:ku-KiKi2009-03-06 16:34:50
  • →論語:mgkiller2009-03-06 16:32:56
  • 同意、まあ時には背伸びも必要だけど:homer_wells2009-03-06 16:19:08
  • 哲学者達が科学・数学者達が使う専門用語を飾りとして使って、(哲学の論文を)偉く見せていた様が顕になったのがアラン・ソーカル事件だよ。知っていたけど理解せずに使ってた典型的な例。:Rikerike2009-03-06 16:12:05
  • 問題はむしろ「解ってる」と「解っちやいるけどやめらんない」の間にあるのではないか:Midas2009-03-06 16:04:59
  • 「知っている」だけではそのものについてきちんと説明できないが、「解っている」ならきちんと説明できる。とかそういう感じか。:nasunori2009-03-06 15:53:38
  • 〈それを書いている当のジャーナリストでさえも、否、ジャーナリストの方がむしろ、その言葉の意味を本当には理解していないことの方が多いのが専門というもの〉御意。編集者なんか「勉強し過ぎ」と怒られたりも。:kamezo2009-03-06 15:38:27
  • 「知っている」だけでは過冷却で、「解る」という結晶になるにはきっと何かが不足しているんだろう:graph2009-03-06 15:10:30
  • ろくに経験もないのにAVの見すぎでいざ本番というときに女の子に痛い思いをさせちゃうことに通ずるものがある。知ってるつもりでわかってないのは罪深いことですよ:tinkoji2009-03-06 14:52:10
  • いまどきの学生気質のわかる話:ruihidamari2009-03-06 14:34:52
  • 無知の知を変な意味で解釈していた学生時代とかね。もうね。ひどいよね。:afronawa2009-03-06 14:05:42
  • 『専門的な言葉というのは、専門的にやっている「解っている人たち」が「生きた用例」で使う分には便利な言葉だけれども、「知ってる」だけの人たちが使うと、とたんに地に脚がつかないフワフワとした言葉になって』:k-takahashi2009-03-06 13:11:58
  • そうなんだよねえ / つhttp://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0901/27/news022_2.html:petem2009-03-06 13:07:40
  • この越えられない壁『そのもの』について自分は「解っている」と思いたいが、果たしてどうだろうか。やはり「解っている」ことの方が価値が高いと感覚的に思ってしまうから、ついつい解ったことにしたくなるが。:mbr2009-03-06 12:38:29
  • きっと必要だと思うのでid:wiselerを呼び出しておく:mura-taiken2009-03-06 12:24:24
  • 「解ることは(自分が)変わること」だ。どこかの歴史学者がいってたとおもう。ある時点で理解対象と自分との関係性が組み替えられ腑に落ちるように感ずること。発言するとき、すでに引用符がとれてる感じること。:akakit2009-03-06 12:07:39
  • シフトレジスタ組んだことも無いし、アセンブラでソフト組んだことも無いのでレジスタの定義は良くわかんない。半田付けは(俺には)難しいのは体験したw:REV2009-03-06 12:07:01
  • 参考:uzuki-first2009-03-06 11:51:21
  • で、流行語にされちゃって、解ってないはずの人たちに意味を乗っ取られたりするんだよな。「カリスマ」とか。:t-murachi2009-03-06 10:47:57
  • 大学の入学式で学長が「-1×-1がプラス1になることをレポートしてください。夕食をおごります」といったのを思い出した。:frkw20042009-03-06 10:38:11
  • すごく納得。IT業界の原稿を作ってる身としては、知ってるのと解ってるのは大分違う。理解しないと人に説明できないもん。:fuji-ringo2009-03-06 10:20:06
  • あーあ、わかってないなー            (と言ってみるテスト):kurokuragawa2009-03-06 10:09:49
  • 「検索エンジンはより人間的な検索ができるようになり、本当に「解っている」かのような答えを出す方法を見つけるかも」「試験が高度なものになればなるほど、マニュアル覚えっぱなしの試験対策人間が量産されてく」:heis1012009-03-06 09:09:48
  • 10代までの「ごっこ」でもいいからその言葉なり考え方なりを使っていくことが「解っている」状態になるための道。:hnkn2009-03-06 08:15:13
  • 100のことを「解って」いないと解決できない問題を人間が解決するには、寿命を延ばすか理解力を伸ばすかしないといけませんね。もしくは「解る」能力を備えたコンピュータをつくるとか。:kumagusu3022009-03-06 03:08:52
  • エントリ読んで縮こまった人たちへ:何はともあれ、自分が「知っている」だけかもしれなくてもアウトプットすればいいと思うよ:asanina2009-03-06 02:12:43
  • こういう話の時によく忘れられるのが身体だよな。身体の概念も導入すると、「知っている」「解っている」の他に「実践出来る」というのが出てくる。:ch12482009-03-06 02:09:20
  • なんか長くてむつかしくてよくわかんないから、明日の朝再読:djmargarine2009-03-06 01:06:08
  • 「解る」ことは、表面上は、不連続的におこる『相転移』ようなものだ。しかし、物理現象と同じく、何かの因果が必要だ。『相転移』がおきる前には、目に見えない変化が起っている(と僕は信じている)。:yoshiyoc2009-03-06 00:23:10
  • ネットで簡単に物事を調べられる今日、「知っている」だけの言葉を振り回す人間が多い。言葉は扱えなければ「理解」できていない/この辺のことは大学受験を通してある程度学べると思う。英単語とか、地歴用語とか。:chroju2009-03-06 00:07:44
  • 「知っている」ことは言語化されていることが多い。「解っている」ことは感覚的、体感的で言葉にうまくできないことが多い。そのコミュニケーションの狭間で呻吟するのが人間らしさ。:ardarim2009-03-05 23:55:17
  • コード書くとなんとなく理解するけど、書いてないorz:xmx32009-03-05 22:33:04
  • 知識とは。:qma52009-03-05 22:28:02
  • understandとrealizeの違いってとこか:hk12262009-03-05 22:22:06
  • つまり、この文章も何言ってるかよく解らないってことか?:takahiro_kihara2009-03-05 21:37:17
  • 解してない内容はすぐ頭から消えてしまう。プレゼンとくに学術的な場面での発表は一番そこが見えるところ:Akula2009-03-05 21:24:49
  • 月9や渡鬼は「知っている」だけで楽しめるけどオタ系アニメは「解って」いないと楽しめないというのが、一般人とオタクの間のディバイドだと言うことなのか?:niagara20012009-03-05 21:18:26
  • でも解っているという自覚は暗示の部分もある。物事の本質なんて案外少ない、というかない。――と、「あ、これ解った」と思った数年後に思うことがある。:keiseiryoku2009-03-05 20:59:14
  • 良いネガコメと悪いネガコメの差みたいなもんか:iroiroattena2009-03-05 20:42:50
  • …哲学?:uhyorin2009-03-05 20:29:42
  • ブクマアドレス訂正。そもそもwikipediaって結構誤りが多い件。独自見解、私的研究を禁じてる筈なのに、結果的に全然徹底されてないにょろ。:loderun2009-03-05 18:26:28
  • 知るは楽しみナリと申しまして。:sovietrockets2009-03-05 18:12:25
  • 解っている人は、内容をやさしく噛み砕ける。ものごとをモデル化(抽象レベルをあげることが)できる。または、他のものに喩えられる。それが出来ないと知ってても解ってない人には説明ができないし。本質ってやつ。:keyskey2009-03-05 18:03:59
  • 自分が解っていなくても、解っているやつを見ると「こいつは解ってるな」という気がするのはなぜでしょう。錯覚でしょうか。:secseek2009-03-05 18:00:15
  • そりゃぁそうなんだけど、解ること、のハードル上げすぎて、「そもそも人は何も解ってなどいないのだ」みたいになるのはなぁ。十分に知ってればいいじゃん、とか思う。:dominion5252009-03-05 17:57:35
  • 「知っている」人を拾い上げて「解らせ」ようとする企業が少なすぎやしないかと思う。最初から「解っている」人ばかり採ろうとして「解らせる」コストを支払おうとしない。結果「解っている」人がなかなか育たない。:lylyco2009-03-05 17:31:53
  • ○×反応する人/咀嚼して理解できる人の壁。で、どう理解できる人を育てるかが問題。:nanoha32009-03-05 17:22:52
  • 数学がわかりやすいよなぁ。公式を覚えるだけのひとと、公式の意味を分かってるひと。:colamune2009-03-05 15:57:36
  • 解っていれば、知らなくても大丈夫ですよ、皆さんここ大切ですよ、テストに出ますからね、まじでw:yo-net2009-03-05 15:45:52
  • まさしく。:silverscythe2009-03-05 15:36:19
  • もしかすると、インターネットは単語の陳腐化を促進しているのかもしれない。理解を推しはかるには人に対してブラックボックステストを行う要領で。対人チューリングテストを機械端末で行う未来とかシュールだな。:Nagise2009-03-05 14:52:04
  • 「できる」と「できた」の差と同じような感じだろうか。:japanrock2009-03-05 14:30:28
  • 「知っただけ」で書いた記事に無く、「解っている」記事にあるのが行間。行間を読むとよく言うけど、行間を読めるのは解って書かれた記事だけ。解って書いた記事は、背後にある仕組みや思想まで読み取れる内容になる:pinball-19732009-03-05 13:05:20
  • 「知っている」だけでも、シナジーを発生する事はできる。相手によるけど。:keys2502009-03-05 12:58:29
  • わかっていない言葉を背伸びして使ってみることも血肉化の第一歩。が、そのためには、つねに自分の言葉に懐疑的であることが必要。難しい。:goldhead2009-03-05 12:17:13
  • 「知っている」ということと「解っている」ということの越えられない壁 - Keep Crazy;shi3zの日記:sankaseki2009-03-05 11:32:40
  • 概念化された言葉は分かったような気にさせる危険な言葉:flowrelax2009-03-05 11:32:33
  • 多読の人が陥りやすい情報通問題。詳しくなるだけではただの情報通。知性によって知識を加工し、生産性の手段にしなければならない。成果に結びつけられない知識は教養人にとっての娯楽なのだから。:N_A2009-03-05 11:23:24
  • 「知っている」知識を、頭の中で抽象化して、他の事象との関連性、類似性を理解できると「判っている」ことの判定になるような気がする。本質を理解してないとできないわけで。:s-miyashita2009-03-05 11:05:07
  • 僕は自分の嫁さんのことすら「知っている」けど「解っていない」ことがたくさんあるもんなぁ。世の中、解らないことがたくさんだ。:u_1roh2009-03-05 11:01:28
  • 似たような言葉を同義として言い換えてたりするのがそんな感じ。:noitseuq2009-03-05 10:27:14
  • 麻生首相の写真を見て認識できる人に麻生首相を描いてもらうと殆どの人が碌な絵を描けない。これは麻生の顔を「解っていない」証拠。が、日常生活困らない。自分の専門分野以外を解る事はそれほど重要で無い:xevra2009-03-05 10:03:22
  • 確かに「知っている」と「解っている」は大違いですね。 // 物事を理解するのはそれだけ難しい事。だからこそ教育は重要と思う。:pitworks2009-03-05 09:12:41
  • ニセ科学関連話ともリンクするなぁ。:doramao2009-03-05 07:45:14
  • 要約 無知の知 byソクラテス:daradaru2009-03-05 06:49:14
  • ○○がわかっているかどうかは、○○について自分の言葉で説明できるかどうかが一つの鍵になると思う。:morimori_682009-03-05 06:32:51
  • あなたのことは知っていますが解っていません/これは使える(笑)。:K-Ono2009-03-05 04:28:53
  • 念レス(自分が念じていた事と同じ内容が他人によって書き込まれたレス)が問題文として出されたらどうすればいいのだろう。解ってないとか断ぜられてしまうのだろうか。:imo7582009-03-05 04:15:27
  • "これからは「解っていること」を重視したテストをすればいい。":nobyuki2009-03-05 02:38:27
  • 素晴らしい:w1240922009-03-05 01:11:19

関連エントリ