URL

「他国の紛争は放置するのが正しい対応 国連・多国間組織・NGOの介入は必ずしも平和をもたらさない | JBpress(日本ビジネスプレス)」のグラフ

他国の紛争は放置するのが正しい対応 国連・多国間組織・NGOの介入は必ずしも平和をもたらさない | JBpress(日本ビジネスプレス)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45139
月のグラフ

コメント

(2018/09/23 12:15:54 更新)
  • 過去に内紛を起こしてる国に首突っ込んで、大失敗した「大日本帝国」っちゅう国があったなぁ。まあ当時の国際情勢からするとある意味しゃあない部分はあったと思うけど。:jp3czl2015-11-11 04:47:51
  • "こうしたことは、日本が紛争に対して、積極的であれ消極的であれ、関与することに慎重であるべきだということを示唆しています。":maniwani2015-11-08 22:45:56
  • 平和的であれ軍事的であれ、国際紛争に何らかのか形で関与すると、人道面、安全保障面で逆効果となってしまう場合もしばしばある > よくよく考えれば当たり前。でもこれは良記事。:georgew2015-11-08 13:18:42
  • 介入後、武器を残したままにするのがいけないのではないか。:asakatana2015-11-05 15:01:31
  • 確かにアメリカやソ連が介入した紛争を思い返してみると介入しない方が良かったものばかりだ。:shinonomen2015-11-05 12:52:09
  • 他国が複数関わってくると代理戦争になることあるからなー:kamemoge2015-11-05 09:35:33
  • 概ね同意。民族‥宗教紛争は下手に介入すると長期化するのはアフガニスタン、イラクで証明済みかと。シリアは欧米が介入をやめてもイランやヒズボッラー、サウジが介入してるのでさらに難しい:Josui_Do2015-11-05 09:05:29
  • いい話:maru6242015-11-05 09:01:28
  • この理屈だとガス室送りすら放置されるのか。:chuunenh2015-11-05 00:35:16
  • 対岸の火事であるうちは燃え尽きるまでほっとくのもありだろうけど、陸続きだったり経済続きだったりするとそうもいかない感じ:iww2015-11-04 23:51:05
  • ??:laislanopira2015-11-04 23:31:42
  • 国際社会の関与という枷が外されてしまったら、世界はどうなってしまうんだろう。:Uzi_FZ2015-11-04 23:15:47
  • でもほっといたら世界中がISISになっちゃうかもね・・・。どうしよう。:napsucks2015-11-04 22:06:46
  • 不自然な国境線を与えられたせいで起きた紛争を単純に内紛と呼べるだろうか:death6coin2015-11-04 21:12:57
  • 内容は理解出来る。紛争非介入なら経済制裁と武器・弾薬の輸入をさせないなど、外堀を埋めていくしか無い。紛争当事者を疲弊させる事は日本も協力出来る事だと思うのでやって貰いたい。:mani0232015-11-04 21:11:50
  • "国際紛争に何らかのか形で関与すると、人道面、安全保障面で逆効果となってしまう場合もしばしば" "「日本の世界的な責任」などという議論が行われることがありますが、そもそも自衛隊にそのような能力はありません":skam6662015-11-04 21:08:17
  • 「アメリカやロシアが軍事力にものを言わせて周辺国を黙らせる」とか「独裁者が反対勢力を弾圧する」って形で平和が保たれてるのはある意味正解なんだけどそれでいいのかな:sds-page2015-11-04 20:19:05
  • えっと、これ、停戦合意後の武器の輸出入を禁じたら戦力再拡充フェーズは起こらないんでないかい?まず、武器商人の紛争介入をやめさせれば? RT「武力衝突→周辺国等の調停→停戦合意→双方が戦力を拡充→戦闘再開」:PSV2015-11-04 20:05:09
  • 『正しい』とは言い切れない、放置より良い方法がまだ見つかっていないだけだ、と俺は思うし、皆そうなんだと思う:esbee2015-11-04 19:37:22
  • アフガニスタンとかイラクとかみてたらそうだろうね:ore_de_work2015-11-04 19:36:36
  • よほど上手くやらない限り大抵のものは「ビジネス」化するという点には留意する必要がある(id:entry:255921488)(id:entry:94088574):nisatta2015-11-04 19:32:42
  • 数字上で紛争の数が減ればいいってだけだったら、一方的に勝敗がついたほうがいいのだろうけど、負けた側への非人道的扱いには目をつぶるのだろうか。他国の紛争だから関係ないってこと?でもこれ日本の立場だよね。:henno2015-11-04 19:30:04
  • そりゃまぁ、どっちか片方が勝利を納めれば、そこで戦争は終わるよね?:YukeSkywalker2015-11-04 19:21:49
  • ツチ族が虐殺されるのを介入せず黙って見ていれば虐殺されつくして平和が訪れるよということ?確かにそうだろうけどそれでいいの?:glizmo2015-11-04 18:52:29
  • 紛争や内乱は大国による支援を見込んで行われるので、無視するのが良いと言う発想は基本的には正しい。但し現在の世界情勢でやろうとしても中露のプレゼンスが爆発的に拡大するだけの愚策になる危険が大きい。:hahiho2015-11-04 18:47:58
  • やり方の問題なのかな。みんな自国の立場があり、自国を第一に考えないといけないため難民問題がこれだけ膨れ上がってるんだろうけど、自国がその立場に立った時同じ事が言えるかどうか。:kkzy92015-11-04 18:37:13
  • 最後の一人まで人間を殺し尽くせば人類による戦争は無くなるだろうね:kk62015-11-04 18:37:11
  • 安保法制反対派に通ずる考え方だね:falkbeer2015-11-04 18:35:30
  • “人的被害”というファクターをガン無視した暴論以外の何者でもない。ついでに言うと発生時点で“外部勢力からの(直接or間接的な)干渉を一切受けてないスタンドアロンな紛争”なんて現在はありえないしねぇ。:inumash2015-11-04 18:30:46
  • 主張そのものは「理屈の上では」妥当と思えるのだが、一方で「他国が介入して内戦を発生させた」場合(最近だとリビアやシリア)に、どう収束させるべきか?という問題を解決できない、という憾みが残る。:Arturo_Ui2015-11-04 18:24:17
  • 一理はあるものの結局のところケースバイケースだよねと言う/放置と言うより自国以外の干渉も防止する努力の方が重要かも知れぬ/民族自決の原理主義的徹底とでも言うべきか、一昔前のSFでよく見た考え方だわ:Hige23232015-11-04 18:09:32
  • 私は支持。ブコメの大半の反論は的外れだと思う。長期的には日本と同様、戦争が不利益になる側により多くの人々を組み込んでいく努力を続けるべきだが、眼前の「地域」紛争に対してどうすべきかというのは別の問題。:deztecjp2015-11-04 18:02:17
  • 「紛争は原則放置します」という国際的な原則ができると、紛争当事者は外国の介入を想定する必要がなくなり、いま構築している武力の均衡による平和、という目論見は瓦解するのでは。:tailwisdom2015-11-04 18:00:27
  • めでたく片方を絶滅させた暁には、そこで鍛えられた兵士がヒマになって別の国の内紛に参加したり先進国相手のテロリズムを仕掛けたりするだけでは。:mahal2015-11-04 18:00:14
  • 経済活動(=賄賂利権)は独裁資金になるけど、それも禁止なんだろうな / id:sds-page氏は疑問形だがイラクシリア弱体とISILをどう評価するかにかかる。 / スカイネット推しが多いが馬鹿だと思う。:y-wood2015-11-04 17:44:11
  • 国連が積極的に介入していたらルワンダ大虐殺は起こらなかったかもしれないのにね。:marony01092015-11-04 17:39:05
  • 介入するのはいいが結果に責任を持ってほしいけどな。まあ、介入国=武器輸出国だったりするので戦争が長引いた方がいいのかもしれないのかもしれないが。:neco22b2015-11-04 17:25:09
  • ほとんど言いたいことはブコメで突っ込まれてた。:toronei2015-11-04 17:17:51
  • 一方が他方を根絶するのを許容することによるデメリットが大きい:imatac2015-11-04 17:01:55
  • 放置しておけばそのうち終わるけどISILに勝って貰っては困るので介入するとかそういうことではないだろうか。:fusanosuke_n2015-11-04 16:54:29
  • 国ってのは結局自分とこの国民の利益を最大化させるための機関だしその行動は全て自国民のためなんだからそのせいで紛争が泥沼化するのであれば介入を規制しなければいけないというのもわかる。:prophet20472015-11-04 16:45:58
  • 何を今更って感じだ。帝国主義時代は大国が各国を植民地にするために介入したし、日本も薩長に英、幕府に仏がついて内乱になりかけた。大国の介入は例外なく利権が目的だし、基本内乱は当人達だけで決着させるべき。:corydalis2015-11-04 16:45:38
  • ポル・ポトの虐殺もベトナムの介入で止まった面はあるけど、ベトナムはカンボジアで恨まれてたね:bigburn2015-11-04 16:35:15
  • この内容だと全力で介入して徹底的に灰になるまで空爆してしまおうとかそういう結論も出るのでは?:miruna2015-11-04 16:32:01
  • ブコメが「人間、自分の見たいことしか見ようとしない」そのもの杉。もう少し読み取る努力が必要では。ちなみにルトワックのシリア問題への処方箋はhttp://geopoli.exblog.jp/20933747/を参照。2年後の今、この通りになっている:cider_kondo2015-11-04 16:23:11
  • 人道的援助が紛争を長引かせ更に多量の流血に繋がるのは真実だ。でも人道的援助を止めることは政治的にできない。その上で介入するなら陸上兵力を含む圧倒的な兵力投入が必要。中途半端な介入は泥沼の地獄を生むだけ:the_sun_also_rises2015-11-04 16:16:45
  • その国だけで完結してる紛争なんてまずないわけでねぇ。アフガン内戦はパキスタンの干渉戦争の面があるし、シリア内戦はイランとサウジの代理戦争の面もね:You-me2015-11-04 16:10:07
  • 11.4 部谷直亮 シリアの見通しだけから言えば、ルトワックは露というファクターを見落としてたhttp://geopoli.exblog.jp/20933747/ デバルツェボ陥落の経緯を踏まえたら,ウクライナ停戦を双方が破ったなどという寝言は出てこない:Ereni2015-11-04 16:09:06
  • 民族浄化に成功した国が国際秩序に従うか?価値観が似た国同士でくっついて国際社会の敵になるんじゃ?ISISみたいな感じの/あと命からがら逃げ出した難民が助けなかった先進国の地で「報復」テロをしたら、どうする?:houjiT2015-11-04 16:01:38
  • ルトワックは中国が孤立するとも書いていたな:yem3399op2015-11-04 15:57:30
  • 徳川家康が外様大名を残さず全部潰していれば、明治維新は起きなかったかもねぇ。もちろん全部潰すのが現実的に無理だったのもあるけど。/ 朝鮮半島の歴史を見ると、劣勢側が外国勢力とくっつき延々と戦いが続く…:spacefrontier2015-11-04 15:46:33
  • 武器商人大勝利:ad22172015-11-04 15:40:57
  • そんなのケースバイケースとしかいいようがないですね。:kenjou2015-11-04 15:36:44
  • 紛争のきっかけが資金や軍備とか技術の提供みたいな大国の介入だったりするし、大国の利益に振り回されてるだけ。憎しみの連鎖を断つには同じ憎しみを持つ一族郎党を根絶やしか憎しみを抱けないほど疲弊させるか。:natu3kan2015-11-04 15:36:36
  • 面白かった!:syosinnsyataka2015-11-04 15:34:27
  • したらしたで介入後の統治で揉めて内戦ループ化しそう。資源国ならなおさら。介入による犠牲なんて誰も責任とらないしな:sharp_m2015-11-04 15:26:15
  • 自己責任ならぬ、自国責任論。日本的な平和主義との相性は抜群。 > 「救済という感情的衝動を拒絶し、紛争を放置し、平和への力学を復活させる必要がある」:cybo2015-11-04 15:24:53
  • 倫理観を持たない知性が損得勘定のみで導き出した論理。紛争も介入も,武力行使そのものは倫理的に悪であり生命と財産の浪費でしかない。紛争終結後の世界がどうなるか。人は望ましい世界を得るために戦うものだ。:yoko-hirom2015-11-04 15:21:04
  • 内戦に限定すれば「地域紛争は:a1ot2015-11-04 15:19:17
  • 面白い。倫理的には間違っていると思うが。/石原莞爾の『最終戦争論』で言えば第二次世界大戦は決戦戦争、戦後の紛争の時代は持久戦争、そこからまた決戦戦争の時代に入ろうとしているって話かも。:odoratec2015-11-04 15:15:26
  • 状況がどこまで悪化したら介入すべきって基準が難しいよなあ:htnmiki2015-11-04 15:14:45
  • 「揉め事はどちらかが死ねば解決する」を肯定してしまえばその価値観に立脚して成功し続けた一握りの集団が全人類を虐殺するところまで行き着くだろ。戦争との戦いは人間の中の野生との戦いなんだよ:yamorca2015-11-04 15:10:15
  • 一方が他方の民族を「完膚無きまでに全滅」させれば遺恨は残らないという話。人類を今全滅させれば、未来において苦難にあえぐ人々はいなくなる。:timetrain2015-11-04 15:05:53
  • 必ずしもすべてに当てはまるわけではないが、介入がかえって悪化を招いた例は多い。例。ベトナム侵攻。イラクへの侵攻。クロアチア・セルビア介入。リビア介入。ウクライナ介入。シリア介入。/ISIS退治は違う。:blueboy2015-11-04 14:49:30
  • 憎しみの連鎖を終わらせるにはどうしたら→殲滅、というどっかのラスボス的な。それが最適解の場合もありうるとは思うけど普遍化できるものでもないだろうと。:sdtrd2015-11-04 14:46:46
  • ひどいな。「民族紛争は片方が相手の民族を根絶やしにするのを待っていれば勝手に解決するじゃないか」って言ってるようなもんだろこれは。:fu-wa2015-11-04 14:38:50
  • ヒトラーの侵攻を放置した事が第二次大戦に繋がったと聞いた事がある。となると、この方式は問題の先送りにしかならないのではないか?:dark2015-11-04 14:27:15
  • 他国の紛争を列強国が放置していたらワシントンは独立戦争に負けて処刑されてこいつの住んでいるアメリカは存在しなかった:turretmusuko2015-11-04 14:24:21
  • 生活保護を支払わなければ、不正請求は置きないみたいな話?:Flymetothemoon2015-11-04 14:24:12
  • 「一方が死ねば争いは無くなる」という倒錯した論理。第三者的立場からは功利主義的に正しいがww /ただ世界大戦はこれで起こっており、今や地上に第三者的空間など無いという認識で国連が設立されてる。:Domino-R2015-11-04 14:23:16
  • 負けて逃げ出してきた難民を受け入れるのが周辺国や先進国のお仕事、ということであればわかる気もする。:AFCP2015-11-04 14:00:56
  • 同意はしない。なぜ紛争に介入するかと言えばその目的は「戦争が終わること」ではなく「自らが好ましいと思う形で戦争が終わること」だからだ。経済的理由である場合も、倫理的理由である場合もある。:deep_one2015-11-04 13:54:34
  • え、集団的自衛権反対ってまさにそういうことでしょ?日本人が死ぬのはヤだから他人は見殺しって言ってたんじゃないの?:bengal002015-11-04 13:52:30
  • 介入するしないを判断できるように、介入できるように準備しておくことは身を守ることだと思うがな。:phanto2015-11-04 13:49:31
  • 欧米が中東問題にちょっかい出すのは過去の所行に関する道義的責任という面もあると思うがなあ。そういう意味でも、なんの関係もない(なかった)日本が手を出すべき所ではない。:delphinus352015-11-04 13:49:24
  • 最後のページ見てふいたw 自衛隊にそのような能力はありませんとか言って、まるで日本の介入だけで内戦終結させるが如き話にすり替えてる… こういう論法を使う輩は信用ならない。:ottyanko2015-11-04 13:47:38
  • 喧嘩放置して共に重体で集中治療室送りか、どちらかが死ねば、重病人や死人はこれ以上喧嘩できなくなるから、ある意味正しいのかもしれない。ただ巻き込まれる第三者はどうするのかなんだろうな。:rti77432015-11-04 13:47:20
  • 他人の戦争に関わる方も疲弊してきそうなもんだ(実際アメリカは一時期息切れをしていた)が:north_god2015-11-04 13:31:14
  • 他人の喧嘩に口出すなってことか:pongeponge2015-11-04 13:29:46
  • 再発させない事が正しいというなら、ジェノサイドは至高の解決策ということになってしまわないか?…考えさせられる。:shukaido1702015-11-04 13:24:49
  • 優先順位の問題であることは確か:ijustiH2015-11-04 13:24:33
  • 放置すべきなのは、「山火事は消さない」原則の通り。戦争はべき分布するから。 http://hpo.hatenablog.com/entry/2015/11/10/230000:hihi012015-11-04 13:22:33
  • 「せやな」 by 近藤先生:REV2015-11-04 13:15:35
  • ポル・ポト「よろしくニキー!!!!www」:bando_alpha2015-11-04 13:08:30
  • あー。援助物資の転売で肥え太る軍政権の図とかあったなあ。まぁ、場合によるとしか。全て無駄と歎じるこのJBpressの見出しには悪意しかない。:rgfx2015-11-04 13:08:07
  • 介入しないとポルポト政権みたいな独裁体制が成立し得るし、ケースバイケースという気がして、まだ懐疑的。テロ組織が国を掌握して、国家規模のテロの脅威が米国にまで及ぶ潜在的脅威は放置できないのでは。:I8D2015-11-04 12:57:37
  • 完膚なきまでに叩き潰したら、たしかに後腐れはなくなるだろうけど、それを突き詰めていけば、最後は全体の破滅に行き着くのでは。:kotatsumurinH2015-11-04 12:57:21
  • 弱い者に中途半端に武器を提供すると拮抗していつまでも終わらないという事は確かにあると思うけど、強い者が弱い者を徹底的に潰すのを待つのは本末転倒では。:yqb388002015-11-04 12:56:44
  • 大国が地域紛争に介入するのには、自分への敵対勢力が勝つくらいなら現状維持で紛争継続のほうがマシって動機が(特に冷戦時代には顕著に)あるから、当然の調査結果。:kazuau2015-11-04 12:52:45
  • /実績がよくわからないが新手のウヨコンサル。:unyounyo2015-11-04 12:52:12
  • 「金と仕事があれば、戦争やる理由は減るだろ。農業やれ。技術は教える。できた作物は日本が買う。但し、日本人並みに働け」というのが、「平和と繁栄の回廊」構想 / 日本の対米感情も、戦後の経済復興が背景では:Sigma2015-11-04 12:46:59
  • 道理としてはそれが正解ではあると思う。ただし、今のシリアみたく当事者同士に争わせてたら、いつ終わるか解らんぞ?&勝ってもらっちゃマズい連中いるなら、介入不可避でしょ?:shoot_c_na2015-11-04 12:42:24
  • 途上国に経済支援するのもムダって話になるな。これ。:quick_past2015-11-04 12:39:11
  • 紛争の終結については手を出さないのが一番リスクが低く収束も早いと思う。他国が手を出すのは、自国に有利な結果を導きたいからで国際的な正義とかじゃないんじゃないですかね?公正な組織による介入というのは欺瞞:norinorisan422015-11-04 12:39:03
  • お前それアフリカでも同じこと言えんの?:moyasi452015-11-04 12:37:04
  • そりゃ勝利で終われば敗北側は徹底的に粛清されるから再発の可能性は低くなるだろう。紛争以前の外国のちょっかいが遠因になっていたり、当事者同士だけでは歯止めが効かないから、一概に放置すべきとは言えない。:shinjukukumin2015-11-04 12:35:57
  • 「宇宙家族ノベヤマ」ってSF漫画にも出てきた「力が均衡した敵対勢力が存在する世界では争いが絶えない、超越的パワーを持つ者が独断で全てを采配する世界しか平和はない、弱者/悪は滅びるべし」て思想に通じるね。:rider2502015-11-04 12:34:44
  • 旧ユーゴみたいに、ガッツリ国連とNATOが軍事介入して終わらせた例もあるからなぁ。一概に一人勝ち勝利で終わらせればOKというもんでもない。まぁ、単純に国境の線引きで終わる例は少ないけど:kotaponx2015-11-04 12:20:16
  • 放置が正解とは言わんが、国際組織の考える平和が紛争地域の住人に取っての平和じゃないのが問題。ここ最近の紛争介入はみんな欧米の「ぼくのかんがえたきゅうきょくのへいわ」と言うエゴの押し付けにしか見えない。:moegi_yg2015-11-04 12:17:33
  • 日本だとNGOは誰でも名乗れる組織でNPOは国による許可制。内戦とかで介入するのは資金力とか政治力があるNPOが多いね:Caesarion2015-11-04 12:17:04
  • 実際、援助マネーなどが流れ込むと「戦争してた方が金になる」状態が終わらず、かえって長期化する面はあるかと思う。「平和の方が金になる」状況を作らないと。:yoshikogahaku2015-11-04 12:11:20
  • エドワード・ルトワック他「外部の軍事的・経済的関与が、紛争を長期化させ、互いの憎悪を上昇させて、内戦の終了を程遠いものとしている」:paravola2015-11-04 11:55:11
  • そりゃ少数派を消し去れば紛争の原因はなくなるだろうな:ynhl2015-11-04 11:54:54
  • ソマリアみたいに気がついたらすごいことになってたみたいな話もあるしなぁ…:hal90092015-11-04 11:20:40
  • 内戦は放置すべきというエビデンス。:sakidatsumono2015-11-04 11:15:38
  • 長期的な膠着状態に持ち込むべきはすごいな。天下三分の計みたいだわ。:tinsep192015-11-04 10:49:40
  • 要約すると「いじめがあっても、見て見ぬふりをしましょう」(校長より):mohno2015-11-04 10:44:53
  • 平和の定義によるんでしょうね、という感:type-1002015-11-04 10:01:39
  • ルワンダがとんでもないことになったを見るとそうとも言えないし、日本の参加はまた別議論だと思う:dowhile2015-11-04 09:21:30
  • それを極論すると「一度全面核戦争をやってしまえば、それ以上戦争は起きない」というところまで行ってしまうので、程度の問題ではある。 ロシアのシリア介入は「内戦が続くのがロシアの利益」という面が強い:k-takahashi2015-11-04 08:56:11
  • 中東・アフリカの紛争に対して、少なとともヨーロッパ諸国はこう言って放置するのは許されないでしょうね。 (ルワンダにおけるベルギー、中東におけるイギリス… ):kei_mi2015-11-04 08:54:26
  • 戦争法が採決された後に言ってもねぇ。:scopedog2015-11-04 08:39:29
  • ふーん、そう:daybeforeyesterday2015-11-04 07:54:05

関連エントリ