URL

「 『いい学校・いい会社・いい人生』という物語 - アンカテ」のグラフ

 『いい学校・いい会社・いい人生』という物語 - アンカテhttp://d.hatena.ne.jp/essa/20080617/p2
月のグラフ

コメント

(2018/07/17 03:07:55 更新)
  • 「叩き上げで獲得した専門性」と「ブランドつきのいい子」の定義が不明。対立する概念とも思えず、何がいいたいのかさっぱりわからない。:chnpk2008-08-12 11:00:36
  • 教育:webmarksjp2008-07-14 17:14:54
  • 彼女たちにこそバカの壁を読んでもらいたいが、読んでも理解されないだろうな。バカの壁を理解する人にはバカの壁という本は必要なく、バカの壁を読むべき人間には理解されない。:vestigial2008-06-30 00:03:55
  • 要点は最後の「成功体験と社会病理が結びついているので、そこから離れられないのだ。」これは重い。:citron_9082008-06-28 12:01:33
  • 構築主義で社会語るな.実態を把握できなくなる.:y_r2008-06-25 00:49:16
  • それに取って代わる物語は親に結構な知的負荷と実際的なコストを強いる、というのがあるんじゃないのかな。そうでもないのか?:ttpooh2008-06-23 23:49:01
  • 最大の問題は「ブランドつきのいい子」のまま成長してフリーター化し「叩き上げ」の専門性獲得チャンスからもれた人だと思うが脱線話なのでおいとくwいまの子どもは30代母親の意識改革で救うこと可能。ガンガレ。:yamazakura2008-06-22 23:40:16
  • 専門性が人材価値となるのはわかる(叩き上げかどうかは知らん)。自分に人材価値があれば、’いい人生’というより’安定して高給な生活’が得られやすい、といいたいのだろうと推測。:shibusashi2008-06-21 11:25:02
  • 「叩き上げで獲得した専門性」でうまくいく保証はないが条件によっては道が開ける、「ブランドつきのいい子」はどちらに転んでも楽な人生にはならない。:babayuhei2008-06-21 07:25:45
  • 良いものは良い:モノの良し悪しは存在する。「良いと思われているもの」と「良いもの」が同じとは限らない。:orihime-akami2008-06-20 16:02:33
  • 『いい学校・いい会社・いい人生』という物語 - アンカテ:sankaseki2008-06-19 20:19:41
  • 三十路女性に対するミソジニーですね、わかります:WinterMute2008-06-19 19:50:23
  • わが子を見てダンコーガイになれると思う親はいない。 『いい学校・会社・人生』幻想に浸ってるんじゃなくて、「ブランド付きのいい子」にする以外にやれることがない閉塞感の表れと言うべきじゃないか。:mojimoji2008-06-19 19:01:55
  • 可愛い子には良い高校大学就職に向かって兎に角押し込めと言う幻想が戦後から続いたままっぽい。でも、「可愛い子には旅をさせよ」これって世の中色々あるし、自分で見聞きしなければ判らないって事なんでしょうね:julajp2008-06-19 14:56:17
  • 日本程,職歴重視で学歴を見ない国はないから現状で十分.「良い人生」という価値観が多様化しているけど,母親から見た良い人生は高学歴があると手に入れやすい大企業勤め.選択肢が増える学歴を求めるのは当然.:pitworks2008-06-19 14:45:32
  • 貴方とはどうやら違う世界に住んでいるようだ。僕の世界では未だに天が動き地球は平なんだ。互いの事実は互いに物語:subsukapon2008-06-19 14:11:27
  • 若干の違和感を感じた。と言うのも実は学歴ではなくものをつくり出す姿勢、すなわち生産性があるか無いかが重要である。だから技術教育とか情報教育とかでのクリエイティビティ育成をちゃんとすればいい:showgotch2008-06-19 13:13:06
  • えーと、つまり何がいいたいの?:ombra2008-06-19 11:43:02
  • 今の大学は、どんな高校を卒業したかを証明する証明書にしかならない。:yo-net2008-06-19 11:00:16
  • それが道路という問題かもしれないな:hasenka2008-06-19 10:42:46
  • 私がもし女なら毎月エスティローダーやシャネルに全財産つぎこんでたちまち破産するだろう。資本主義のプロパガンダに最も晒されてるのがこの年代の女性だというのは、彼女ら向けのファッション雑誌を見ればわかる。:Midas2008-06-19 03:51:20
  • そういう白痴ばっかりの社会主義国だから俺みたいな進歩的な人間がおいしいんじゃないですか。馬鹿は餓死すれば良いんですよ。:Marco112008-06-19 02:14:49
  • 一つの社会観を絶対化することが社会病理につながる。この場合の絶対化とは、社会を物語ではなく、事実として受けとること/一つの客観的な社会的事実が存在すると信じ、他の多様な解釈による物語を排除すること:prisoner0222008-06-19 00:10:00
  • 『いい学校・いい会社・いい人生』という物語を信じているのは30代女性だけなのかなあ?:Marumameko2008-06-18 23:24:01
  • 日本が下り坂に入っていることを認識できていないのか、もしくは認識しているからこそなのか。/他の集団でも言えることでは?>「30代くらいの既婚女性の世界ってそういうものらしい。」:uunfo2008-06-18 23:08:06
  • なのに教育界や親がいまだに『いい学校・いい会社・いい人生』である。教育界はこの「勘違い」で飯を食う利害当事者だし、親はかつての常識から抜けられない。:bub-gtr2008-06-18 23:07:30
  • 4年制大卒とそれ以外で給与条件が違う会社とかどうする。学歴不問な会社に転職っていっても…/「ブランドつきのいい子」に行き場はよりどりみどりにある。ただしそれを大量採用した会社が伸びるかどうかは知んない:takeishi2008-06-18 23:01:45
  • 結局はいい出会いを捜すことが一番重要、、いい学校・いい会社は出会いの確率を増やすために行き、いい出会いがあればいい人生が送れること。:Karosu2008-06-18 22:49:42
  • 『複数の解釈を採用し、状況によって使い分ける社会構築主義のような器用さが必要なのである。当人が主観的な解釈とは思っておらず、客観的事実だと思っているのが問題なのである。』:rawpower5212008-06-18 22:24:24
  • 専門性を獲得すればいいわけですね:sskr312008-06-18 21:13:40
  • 低学歴の成功者のモデルとしてdankogaiが居るがお母様方が彼を目指せというはずが無い。本当に大切なのは自己調和力。これさえあれば適切な大学、会社に入れるし、人生を確実に成功できる。成功は自分の心の中にある:xevra2008-06-18 20:24:18
  • 昔は若い根っこの会なんてのがあったらしいが。:morimori_682008-06-18 19:25:04
  • 女はかわいい。女はただしい。女はかしこい。女はつよい。女はこわい。:takopons2008-06-18 18:44:06
  • 固定観念の恐怖:lylyco2008-06-18 18:30:21
  • 夫婦でちゃんと会話しようよ….:kana03552008-06-18 17:50:43
  • 「いい学校に行って、いい会社に入って、長く勤め上げて・・・」親から耳が腐るほど聞かされた。/確かに社会的・経済的な不幸にはならない道。でも、それはいい人生なんだろうか?:gom682008-06-18 17:39:54
  • 「ほげ言語」の話 for mothers。(参照:http://practical-scheme.net/trans/beating-the-averages-j.html):FTTH2008-06-18 17:04:35
  • 違和感は共有する。が、あたかも日本固有の問題かのように書かれているが米国等でも激越な物語信仰あるよ、ある意味日本以上に。:georgew2008-06-18 16:27:54
  • 社会の中に「物語」でなく「事実」を見てしまったら、別の事実でそれを相対化する機会を失う。何故なら、その「事実」に反する事象は全て「物語」になってしまうからだ:Arthur72008-06-18 16:24:56
  • 30代女性の中での恋愛資本主義的価値観でいうと、この物語が信じられているということでは。そういう男と結婚したい、みたいな。それに現状ではこの物語はまだまだ真実だと思うし。:mojin2008-06-18 14:51:43
  • もどかしい:FunnyBunnyDizzy2008-06-18 14:45:33
  • 「いい人生」が保証されない時代になっただけで、「いい学校・いい会社」の重要性は未だ健在。この点を間違えていい学校・いい会社批判をする人が多い。専門卒の俺が言うこっちゃないかもだけど。:raf002008-06-18 14:11:18
  • 30代女性という書き方でミスリードしている。:zu22008-06-18 13:42:26
  • 複眼視。:duaf2008-06-18 13:00:27
  • 教師や主婦の多くががまともな企業社会人経験がないという説はどうでしょう?:axel692008-06-18 12:29:43
  • 学歴は「あると損はしないけど無いと損することがある」程度、良い成績を取る為に自分なりに頭を使って努力してきたのか、押し付けられて仕方なくやってたのかで学歴と良い人生が結びつくかどうかが決まると思う:lan_taso2008-06-18 12:11:03
  • 「叩き上げで獲得した専門性」と「ブランドつきのいい子」は相反するものではなく、独立したものなのではないかと思うんだけど、どうかな。:ebibibi2008-06-18 12:10:17
  • "無数の「物語」がぶつかりあっているのが現代社会である。だから、何かを「客観的事実」として提示しようとは思ってなくて、先方の「物語」を別の「物語」で相対化しようとしているだけだ。":takuya-itoh2008-06-18 12:02:22
  • 先行きの見えない社会のなかで、受験や会社によって安全を保障するような神話にしがみつきたい気分がまだ残っている。これを思い出した→http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20071226/p1:p_shirokuma2008-06-18 11:55:25
  • 『いい人生』だけを考えても、個人にとって何が『いい』かなんてわかりっこないわけで、ましてそこにたどり着く方法なんてわかるはずも無い。自分の子供に自分の願望を押し付けているだけ。:bobokov2008-06-18 11:53:30
  • 「国中で一つの「物語」を「事実」とすることが社会病理であるとするなら、日本は社会病理を持ったまま成功した珍しい国なのかも…一つの物語が広く流通し、成功体験と社会病理が結びついて…そこから離れられない」:netarou08152008-06-18 11:23:38
  • 「叩き上げで獲得した専門性」/って具体的に何なんだ?/実感/?:ijustiH2008-06-18 11:21:36
  • 親の想像力と子供の可能性。どちらが豊かなのか?多くの場合、自分の人生を否定されたくないが故に親は子供の可能性を限定している。自らの乏しい想像力によって。求められた時だけ助言すればよいと思う。:hitotakuchan2008-06-18 11:07:34
  • 彼女たちは、『いい学校・いい会社』に入った人たちは、コネや身分や差別などの卑怯な仕組みによってその待遇が保証されているという陰謀論を信じている。現実には、世の中ははるかに実利主義で公平なんだよ。:fromdusktildawn2008-06-18 10:44:55
  • 子供にとっては、教師も親も友人も近所の人もテレビ番組も皆インプットの対象。教育改革というものが教育の受け手のインプットの質を変えることだとするなら、それはなんと絶望的にも見える遠い道のりだろうか。:udy2008-06-18 10:43:54
  • この社会に事実は存在しない。当たり前だが、「一人ひとり違う」のだ。それを許容できる社会、個人に進まなければこの閉塞感は解消されないだろう。:tsuyok2008-06-18 10:13:15
  • 自分も子育てをするときは、こういう『いい学校・いい会社・いい人生』の論理にぶつかっていくんだろうなあ。:Baatarism2008-06-18 09:49:15
  • ようするにスイーツ(笑)だよなー:okazbb2008-06-18 09:35:56
  • でも悪い学校、悪い会社、悪い人生というのは確かに存在するような。:ROYGB2008-06-18 09:27:22
  • 公教育への不信も関係あるかもしれません。単に学力低下だけでなく環境を考慮して名門校や中高一貫を目指すには塾通いは必須、学習塾は戦略的にそういう価値観を打ち出していますから。:aozora212008-06-18 09:07:33
  • 僕らがずれているということか?中学生の子がいる30台の母といえば、バブル絶頂で結婚か。そこに大きな断絶があるのは確かなようだ。:yasushiito2008-06-18 09:04:01
  • 変えなければいけないのに、絶望的に変わらなさそうな価値観について。「主婦のための会社見学」とかやる? / (2008-06-19追記) http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20080618/p4を読んで反省した。:another2008-06-18 08:32:42
  • そして僕は「事実」に毒を混ぜる:taitoku2008-06-18 08:19:29
  • 30代女性に限らず人はみな何かしら信念をもっていてそんじょそこらの説得では曲がらない。たまたまいま安定した生活をしている30代女性がそのような信念をもって生きてきた人たちだっただけなのかも。:dekaino2008-06-18 08:12:47
  • 自分の文脈にない物語を消化するのってシンドイからなあ。そこで物語をアウフヘーベンしたりマッシュアップしたりすることへのインセンティブを示さないと。:rajendra2008-06-18 06:30:12
  • 「つまり、自分と配偶者の両親、近所や同級生のお母さん方、パートの職場、そして子供の学校の先生方、()、『いい学校・いい会社・いい人生』という考えしかなくて、その間では強い一貫性がある。」:REV2008-06-18 05:40:21
  • 雑誌「AERA」「読売ウイークリー」「PRESIDENT」的価値観について:spidr2008-06-18 03:48:31
  • 説得は難しいのかな。『貴方の進む道は貴方が思うほど良い道じゃない。貴方は既に良い道には戻れない。じゃあどうしようか』/要は、価値観が共有されてることじゃなくて、道を外れたら負け組みと呼ばれることが問題:SiroKuro2008-06-18 02:55:38
  • 何も考えてない奴ほど価値観をどこかに一本化しようとしているフシはあるな:drt2562008-06-18 02:23:05
  • 既存の価値観が意味を持たないほど社会が変わるか、世代が交代するのを待つしかないんだろうな。あ、みのもんたが言えば根拠なしで受け入れてもらえるよ!:ite2008-06-18 02:18:49
  • 教育って、自分の知見から出発するしかなくて、学歴差別に苦しんだ父は私に学歴をと言うし、自分が親なら、学歴なんかいいから、友達を、と言うだろうし、もっと大事な何かがあるかもしれないが私はそれを知らない。:Blue-Period2008-06-18 01:21:21

関連エントリ