URL

「【イベントレポート】SSDベンチマークの期待と現実 - PC Watch」のグラフ

【イベントレポート】SSDベンチマークの期待と現実  - PC Watchhttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20130826_612428.html
月のグラフ

コメント

(2018/05/25 00:40:54 更新)
  • >読み出し比率95%/書き込み比率5%の使用条件があったとする。この場合、Read IOPSのベンチマーク値に近い性能を想像するかもそれない。しかし実際には、5%の書き込みが存在するだけでIOPS値が激減する。Smith氏が示した性能:tarchan2013-08-27 13:53:25
  • 『定常状態では、データ転送速度は初期値(FOB状態での性能)に比べると約1割と大幅に低下している。』激しすぎる。:deep_one2013-08-27 09:53:35
  • SSDの性能は書き込み履歴に依存する - Smith氏が示した性能値では、5%の書き込みが存在するだけで、Read IOPSの半分から5分の1にまで下がっている。:potato7772013-08-27 00:12:51
  • CPUやメモリと違ってストレージのベンチマークは一筋縄では行かないのは頭では理解してたが、プリコンディショニングは知らなかったな。そんなんあるのか。:tmatsuu2013-08-26 23:40:20
  • つまり、いつも感じる「あれ、SSDそんなに速くなくね?」は速さになれたわけではなく実際に遅くなっていたわけか!!:yaorozuonline2013-08-26 22:40:28
  • いつもSSDのベンチマーク結果見て、「その速度、最初の一瞬だけじゃん」って思ってたをのちゃんと紹介してくれていて嬉しい。ベンチマークなんて、実運用とリンクしてなきゃ意味無い。今、意味無いのSSDだけだけど。:nkawai2013-08-26 21:36:08
  • この記事を読んだだけの知識の人が、kakakuでベンチ結果を書いた人にいろいろ言ってそうなのが目に浮かぶ。:Beluga2013-08-26 19:08:36
  • 例えばAnandTechはきちんと性能が落ちるところまで調べているね http://www.anandtech.com/show/7065/intel-ssd-dc-s3500-review-480gb-part-1/3:sh22013-08-26 13:22:58
  • つまりベンチマーク測って載せて仕事した気になっているにわかライターは廃業しろって事かな。:gomakyu2013-08-26 13:08:49
  • プリコンディショニングを行うSSD用シュレッドツールとかがあるのは知っていましたが、ここまで性能変わるものでしたか。:kimutansk2013-08-26 12:32:06
  • 参考になる:harukasan2013-08-26 12:29:42
  • 物凄い端的に言うと、帯域を1/10にするまでエイジングしろってこと?:ya--mada2013-08-26 10:42:28
  • "SSDは出荷直後の状態が、最も性能が高い。ユーザーがSSDにデータを書き込むと、SSDの性能は急速に低下する / 書き込みを続けると、ある段階から性能の低下が極めてゆっくりとなり、ほぼ一定の性能を維持するようになる":yass2013-08-26 10:38:44
  • プリコンディショニングの話もそうだけど、SSDはHDDとくらべてチップ特性とかの比重がはるかに大きいよなーって印象。:akuwano2013-08-26 10:18:56
  • SSDはデータ以外のコンテキストが、いろいろあるのか:atrandom25202013-08-26 10:12:55
  • 【イベントレポート】SSDベンチマークの期待と現実- PC Watch:doronpa552013-08-26 08:43:06
  • SSDに移行して「おおっ速い!!。さすがSSD!!」と速さの大きな違いに感動できるのも実は最初だけ、ということですかの。 → "プリコンディショニングの有無により、ベンチマークテストの値は10倍にも変化するということだ。:youichirou2013-08-26 07:37:45
  • プリコンディショニング, データエントロピー (Data Entropy), 出荷直後の (FOB: Fresh Out of Box) 状態, 遷移状態 (Transition State), 定常状態 (Steady State):pipehead2013-08-26 00:00:00

関連エントリ